夫の仕事が忙しく、浮気してしまった。夫「慰謝料は1000万です」私&間男「そんなの払えない」→ある日突然間男が失踪し・・・

夫の仕事が忙しく、浮気してしまった。夫「慰謝料は1000万です」私&間男「そんなの払えない」→ある日突然間男が失踪し・・・

10年以上前の話です。

当時、夫は自営業、私は会社員として働いてました。

夫の事業が軌道に乗りかけの繁盛期で私も仕事に没頭して顔を合わせる機会が少なくなり

職場の男性(独身)に声を掛けられたのを切っ掛けに不倫が始まりました。

夫にばれるまでの経緯はありきたりな物でしたが、

夫の性格上言い逃れの出来ない証拠がすでに有ると思って言い訳はしませんでした。

離婚の話し合いは私、私両親、夫、彼、彼両親でしました。

話合いの場で見た夫は異様な雰囲気でした。

夫は特に声を荒げる事も悲痛そうな面持ちでもなく、淡々と話をしているのですが

以前の夫とは違う様な雰囲気を漂わせてたのは今でも覚えています。

そして夫からの請求は離婚と彼、私、双方に1000万の慰謝料、

払いたくなければそれで良いが覚悟をしてくださいと言う様な事を言っていたと思います。

当然、私も彼も「そのような金額は払えない」という事を言い、

私の両親は「出来るだけ夫君の意向には沿いたいが、

今すぐには払えないので待って欲しい」と。

彼両親は「脅しか? そんなもので金払うバ力が居るか?」と

すでに喧嘩腰での会話がスタートしました。

ここでも夫は顔色一つ変えずに私と私の両親に

・私両親からの支払いは受け付けない。

・支払う場合はすべて私さんの稼ぎの中から支払う事。

・分割の期限は決めない、毎月1円でも構わないが毎月支払う事。

・支払わない場合は覚悟を決めて欲しい。

この様な事を丁寧に説明してました。

彼、彼両親に対しても同じ様な事を言っていました。

この時、私が言葉を言いかけた時父に言葉を制され

「夫君の言う通りに支払います。管理は私どもで致します」と勝手に決めてしまいました。

この時私は一千万なんて払えないよと父を非難したい気持ちで一杯でしたが、

父はかなり緊張して汗を大量に掻いてました。

彼。彼両親は最初の意見と同じで謝罪どころか

浮気される女を幸せに出来ない甲斐性無しと罵倒までし始める始末でした。

▼ 次のページへ ▼

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

生活まとめカテゴリの最新記事