毎日からかわれボウカなんて日常茶飯事、周りの社員も上司も見て見ぬふり・・・狂ってる→異動をきっかけにはじまった壮絶な社内いじめフクシュウ劇!!

毎日からかわれボウカなんて日常茶飯事、周りの社員も上司も見て見ぬふり・・・狂ってる→異動をきっかけにはじまった壮絶な社内いじめフクシュウ劇!!

俺:三十代 会社員 妻と小学生の子供が二人いる。

99年9月から会社に勤めているが

10年後の4月から平川のいる部署に異動になりパワハラを受ける。

平川グループリーダー:当時の俺の上司。暴カを含むパワハラを俺にしている。

内藤課長:平川グループリーダーの上司。

     平川を特別に可愛がり、平川のパワハラも黙認している。

部長&社長:本社からの出向者。パワーハラスメントを隠蔽し、何の対応もせずにパワハラを放置している。

会社:ある大企業の子会社。田舎にある。

第一章【異動をきっかけにパワーハラスメントが始まった】

朝、愛車を走らせ、会社の社員用の駐車場に着く。

過去に大雪が原因の渋滞で遅刻をしたことがあった。

その失敗を繰り返さない為に、俺はいつも出社時間が早い。

仕事が始まるより一時間近く前に、会社に着く。この習慣は冬以外でも身に付いてしまっていた。

ここは田舎なので交通機関が十分ではなく、俺も含め、社員の殆どが車での通勤だ。

そして、この会社には数百人の社員がいるが、

俺が会社の駐車場に着くと車がまだ数台しかない。俺の出勤が早い証拠だ。

車を降り、歩いて更衣室に入り、制服に着替える。

(今日は、どんなパワーハラスメントが待っているのか・・・)

そう思うと、気分が重くなる。頭が痛い。

この頭痛はいつからだろう。もう覚えていない。

一日中、頭の中心がガンガンする。更に不眠が続いている為に、ボーッとしている。

目は虚ろになり、視線は自然と下になってしまう。

静かで暗い工場内の廊下を歩く。

光となるものは、工場内に設置された、緑色の非常口用の表示灯だけだ。

俺は、そんな工場内の緑色の床を見ながら歩いている。

仕事をする場所である事務所に、一歩一歩、確実に近付いてしまう。

まだ、天井の電気が付いていない為に事務所には窓から入る朝日と

数台のパソコンからの光しか、明るさとなる物がない。

そんな薄暗い状態の事務所に入る。一気に憂鬱な気分が俺を襲う。

事務所には、少ないが俺より早く出社している人が何人かいる。

▼ 次のページへ ▼

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

復讐カテゴリの最新記事