旦那『本当にごめん!堕ろしてください!一緒に病院行くから』と土下座してまでお願いしてきた元旦那の話をしようか・・・

旦那『本当にごめん!堕ろしてください!一緒に病院行くから』と土下座してまでお願いしてきた元旦那の話をしようか・・・

引用元:https://hayabusa3.5ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1403792028/
 

旦那も寝たし元旦那の話でもしようかな。

定員割れ高校に主席入学して調子こいてたら、県内の国立大学に落ちた。

滑り止めも受けてないし受けるつもりなかったから卒業して予備校生になった。

過疎った田舎ではいい子ちゃんで通ってたけど

実家出たとたん、髪染めてピアスあけてやりまくったわー

田舎者のイモ姉ちゃんだったなぁ。

そんなんで予備校は3ヵ月で中退。

仕送りもらってるくせに、バイトの給料で好きなもの買って遊びまくってたら

まるで自分の力で生活してるような錯覚に陥り学生には戻りたくなくなった。

親には軽く説教されたが後は自由にさせてくれた。

残りの学費も何も言わず全額払ってくれた。

派遣でぷらぷらバイトしてたから、バイト先変わるたびに男も変わった。

田舎いた時は想像つかなかったけど、男と寝るって簡単なのな。

一番印象に残ってるのが、夜勤倉庫に努めた時の中指さん。

元気になったときが、成人男性の中指だった!

世の中知らないイモ姉ちゃんは、前の人のがでかすぎたのか

中指さんが中指過ぎたのかわかんなかった。

で、そんな遊びまくってる中、ネットで元旦那に出会う。

チャットの談話室で知り合って、ボイスとウェブカメで毎日話してた。

遠距離だったので、その間もやり放題。

でも本気で惚れてたので、自分の中では

「この人が最後の彼になるから、最後の前に遊んどこう」

というわけの分かんない理屈たてた。

2年間遠距離して、お金貯めて元旦那のとこへ引っ越した。

といっても、すぐに同棲したわけじゃなくて、元旦那んちの近くのアパート借りた。

若気の至りとしかいいようがないけど、その時の私は本気で元旦那に惚れていた。

人生観とか生き様とか、おっさん物件なのもステキとか思ってた。

年の差婚とかもありかなーなんて考えてしまってた。

ただ、つきあった当初からの条件が「子供は望まない」ことだった。

「年齢差だし身障だしお金ないし、子供は育てられない」と。

▼ 次のページへ ▼

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

修羅場カテゴリの最新記事