事故で他界した従兄弟の子供を自分たち夫婦が引き取ることになった。嫁『全ての責任は私がとる』息子『・・・』→それから30年後

事故で他界した従兄弟の子供を自分たち夫婦が引き取ることになった。嫁『全ての責任は私がとる』息子『・・・』→それから30年後

引用元:http://2chspa.com/thread/kankon/1395389413
 

俺はもうあと数年で定年という年齢なんだが、嫁は俺より年下。

今から30年位前に、親戚夫婦が事故で亡くなった。

血筋としては俺の従兄弟とその嫁さんにあたる。

車で一時間くらいのところに住んでいて嫁が妊娠しているときに助けられた理

逆に相手さんが妊娠しているときに助けたりとかなり仲が良かった。

その夫婦の娘も俺ら夫婦の息子と年が近かったのもあってかなり仲がよく

子供特有の将来結婚するーなんて話もよくしていたのを今でも覚えている。

そんな夫婦が亡くなったのは自動車事故だったけど、

助手席に座っていた娘、A子とするけど彼女だけは無事だった。

奥さんは後部座席の右側に座っていたのが原因で助からなかった。

A子も酷い怪我で一年くらい入院していた。

その間、俺親族、嫁、従兄弟の嫁さん親族全員が集まって

A子をどうするかという話合いになっていた。

嫁さん親族は既に年金暮らしとなった老夫婦で無理。

俺親族、というが俺の両親もほぼ同様の状況。

俺も息子がいて、高校生で大学受験を控えているため

金銭面に余裕はないのでどうするかという話だった。

そんな時に嫁が俺と息子にうちで引き取れないかという話をしてきた。

俺は正直反対だった。金銭の問題ではなく、息子は思春期真っ盛りで

息子を信じないわけじゃないが男ならわかると思うが

制欲というのはバ力にできないものがある。

それにA子は両親を目の前で亡くしたショックで

殻に籠ってしまっていて俺の手には余る話だと思っていた。

そしたら嫁が、私は掃除府でも何でもしてお金を稼ぐ。

息子の動向にも常に気を払う。全ての責任は私がとるといいだした。

結局その言葉に負けて俺は承諾。けど息子は渋っていた。

これは後から知った話だが、中学になって行動範囲が広がった息子は

ちょくちょくA子と会って恋愛感情を抱いていたらしい。

そして立場上、はとこにあたるので結婚もできるのでそこまで考えていたそうだ。

ただ付き合っていたことが露呈するのはまた別の修羅場があったからで、それは後程語る。

息子は、A子と兄妹になるのは嫌だといい続け

養子縁組はしないということで最終的には了承した。

それから引き取ってからは大変だった。

まず経過を見るとかいろいろあってA子を病院に連れていかなければならないんだが

車に乗ることがトラウマになっていたので移動は自転車。

当時住んでいた家は山を切り崩して作った住宅地。

切り崩したというか切り開いたというべきなんだろうな。

起伏が多く、嫁や俺は付き添いに苦労していた。

そして洗濯、毎日部活で泥まみれになる息子とおっさんの俺の服を

A子のものと一緒に洗うのは忍びないので男女別で洗うようになっていた。

その結果嫁の家事量が増え、稼ぎに出るどころではなかった。

そのことに対して嫁からは散々謝られたが、ある日ジ件が起こった。

息子が部活をやめてきた。

小学生のころから入れ込んでいた野球部をやめてきた。

その時の息子に、俺はひどく怒ったのを覚えている。

「お前は途中で投げ出すような奴だったのか」と怒ったのを。

そしてすぐに反省して謝ったのも覚えている。

息子は嫁と、俺と、A子を支えたいからアルバイトをするといって

既に牛乳配達の仕事を見つけてきていた。

嫁は涙を流しながら息子に誤っていたが、

▼ 次のページへ ▼

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ほっこりする話カテゴリの最新記事