彼「幸せにする、付き合ってください」→彼の部屋に行くとゴムが減ってるのを確認。弁護士「落ち着いてこの写真を見てください」

彼「幸せにする、付き合ってください」→彼の部屋に行くとゴムが減ってるのを確認。弁護士「落ち着いてこの写真を見てください」

出会いは実にありがちで会社の同僚だった。

婚約者は窪〇洋介に似てる

といわれてたので洋介で。

会社自体は小さくて、

全社員での飲み会とかが頻繁にあった。

その飲み会で当時22の私に

声をかけてきたのが洋介だった。

洋介の印象は平凡だった。

「かっこいいっ」て言ってた

女子社員がいたのは知ってたけど

私はそんなに好みじゃなかった。

貌も普通、身長も普通、体系も普通。

あえて特徴をあげるとすれば

髪がフワフワで赤ちゃんみたい

だったことくらいかな。

その飲み会以降、

洋介からのアピールがハンパじゃなかった。

毎日のようにメールがきてた。

ありがちな展開で申し訳ないが

そっから急接近で付き合うに至るw

告白の言葉は

「俺が幸せにする。

 結婚を前提に付き合ってください。」だった。

そっからは小さな喧嘩はあれど幸せな生活を送ってた。

付き合って半年、正式にプロポーズを受けた。

プロポーズの言葉は

「君以上の女はいない。

 お前との子どもがほしい。結婚してほしい」

で、互いの両親に結婚の挨拶をした。

洋介の実家は九州で、

挨拶に行った時にすごい緊張したのをよく覚えてるw

そこで洋介の両親が言った。

「洋介は昔から女関係の話をまったく聞かない。」

「うぶで奥手で気が利かない奴

 なんだろうがどうぞよろしく」

普通に婚前交渉はあったし、

付き合った経緯から奥手な感じはしなかったけど

とりあえず話はあわせておいた。

両親への挨拶が終わり、会社へ報告。

付き合ってたのは公然の秘密みたいなもんだったから

こちらもスムーズに話が済んだ。

私は結婚後も仕事は続けるし

会社では苗字もそのままのつもり

だったから手続きとかも楽だった。

で、結婚式の段取りをし始めた。

これもまたありがちな話で、

洋介はその段取りをめんどくさがった。

私もそんなに乗り気ではなかったんだけど

両方の親にけじめだと言われてしかたなくという感じ。

▼ 次のページへ ▼

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

生活まとめカテゴリの最新記事