児童養護施設で人生の半分を過ごして、いろんな理由で入所してきた子を見てきた話。

児童養護施設で人生の半分を過ごして、いろんな理由で入所してきた子を見てきた話。

で、ここですごいものが出てくる。母親からの手紙だった。

「児童相談所の職員の方へ」

みたいな書き方してあったらしく

中には「この子をよろしく」的なことが。

でもまだ小学2年生だし状況を読み込めていない。

ただ親にだまされて、あんなに楽しみだった旅行はうそということはだれでもわかる。

それからあまりのショックに次の日から一切の声が出なくなった。

うちの施設に来たときも喋れなかった。

しゃべれるようになったのは施設に来て1年か2年経った頃。

その子はそれから一切親や親族、身内、姉弟とは会っていない。

この子が今どうしてるかとかはまたあとで書こうと思う。

 3人目

これはあたしが1番思い入れのある子。

2歳になったばかりの子だった。

その子の入所理由は簡単で

『発達が遅いから』

その子は2歳なんだけど言葉はなにも話せない。ママ、パパの類も。

ごはんも自分じゃ食べられない。

そして栄養失調なのか体が異様に小さくてガリッガリ。

で、頭がすごく大きい。

奇形とまではいかんけど、すこしなにかあるかな?って感じの子。

でもすごく可愛かった。顔が、とかじゃなくて愛嬌?

目があったらニコッてよく笑う子。

子どもたちみんなでテレビ見てたら

急に、てててーって走ってきて

膝の上にちょこんって座ってみたり。

お昼寝のとき添い寝してたら

人差し指と中指らへんをぎゅーって握ってきたり。

ほんとにすごくかわいい子だった。

でも、その子は途中でいなくなった。

退所したの?里親に引き取られたの?

いろいろ聞いたけど先生たちは誰も教えてくれなかった。

あとから知ったんだけど、その子病気になったみたいなんだよね。

分かってからすぐ入院したけど

結局その子はそのまま2度とかえってこなかった。

時が経って教えてもらったことだけど

もう少し遊びたかったな、とかいろんなこと思い出されて泣けてきた。

その時初めて人の『タヒ』を感じた。

今日、この子の命日なんだ。

>>あなたの境遇は?

小さい頃に母親に捨てられて、そのまま施設行き。

父親が最初はろくでなしだったんだけど

あたしが1歳で乳児院に入ってから更生してくれて

今はちゃんと仕事してるし変にずーっと一緒に暮らしてなかった分

友達のようなすごくいい関係築けてると思う。

2人目は、その後やっぱりひどいトラウマになっちゃって。

自傷行為とかするようになって

夜中にベランダで音がすると思って見てみたら

頭をコンクリに打ち付けて血まみれになってたり。

まあ人をだれも信じられなくなった。

▼ 次のページへ ▼

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

自分語りカテゴリの最新記事