同僚「どんどん食べな」←嫁がメシマズ過ぎて米だけで泣いた。俺「同僚の嫁さんが教えてくれるって」→嫁「あんなブスに習うわけないじゃない!」

同僚「どんどん食べな」←嫁がメシマズ過ぎて米だけで泣いた。俺「同僚の嫁さんが教えてくれるって」→嫁「あんなブスに習うわけないじゃない!」

結婚して50日。

嫁の飯がまずいということを

結婚してようやく気付いた。

袋入りでソースが粉の焼きそばを

フライパンのふちいっぱい

たぷたぷに水を入れてこね回し。

なんだかよく分からない

ぶよぶよで焦げ臭い塊に…。

パセリ(炭化)白菜(生)セロリ(生)と

鶏肉の切れ端(生)が混ざったもの

…に、したのを出されて。

ようやく「駄目だ」と本格的に気付いた。

食欲がないと言って残したら。

次の日の弁当に無理矢理それが入っていて。

会社の同僚に見つかった。

泣きついた。

その夜は同僚の家にお邪魔した。

同僚の奥さんはかなりのメシウマ。

同僚も奥さん本人も

「上手くない。凝った料理は作れない」と言うが。

基本の料理をきちんと作れて

家庭のお惣菜はなんでもこい。

昔のおかんという感じの人。

超うまいチキン南蛮と。

自家製青じそドレッシングのかかった

京菜と新玉ねぎのサラダと。

新じゃがいものきんぴらと

豆腐とあぶらげの味噌汁と。

真っ白いごはんを食ってたら泣けてきた。

本当にどんどん泣けてきて、ついに号泣。

29の男がおんおんと声をあげて泣いた。

同僚と奥さん唖然。俺も正直唖然。

「どんどん食べな」

とごはんを追加で炊いてもらって。

ごはんを鍋で炊いているのに更に泣いた。

本当に、どれだけうまい飯が嬉しくて。

まずい飯がどれだけ堪えるかを知った。

ごはんを2合食って。

泣きながら

「嫁の飯がまずくて・・・」

「どれだけ言って聞かせても逆ギレするだけ」と話した。

弁当箱の中に残していた

やきそば的なものを見せて。

泣いて話した。

奥さんは「私も他人のこと言えないよ?」

と同情的だったが、それを見て絶句。

やきそばだと言うと。

「うーん…」と困り顔。

奥さんも仕事を持って忙しいが。

▼ 次のページへ ▼

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

生活まとめカテゴリの最新記事