【衝撃の修羅場】彼女居ない暦=年齢でオタクの俺に天使すぎる姪っ子ができたw心底喜んでいたのに、弟から『子供連れて嫁が家出した。そっちに行ってないか?』と・・・

【衝撃の修羅場】彼女居ない暦=年齢でオタクの俺に天使すぎる姪っ子ができたw心底喜んでいたのに、弟から『子供連れて嫁が家出した。そっちに行ってないか?』と・・・

引用元:http://life8.2ch.net/test/read.cgi/live/1177223666/
 

「弟夫婦に子供が生まれた」と母より連絡あり。

そりゃめでたい、是非姪の顔を拝みたいと思ったのだが、俺はぐっと我慢。

「お嫁さんに迷惑をかけてはいけない」と思って

お祝いの手紙をしたためて、出産祝いとしてお金を包んで弟に送るだけにした。

それから数週間後、弟から電話があった。

弟「子供連れて嫁が家出した。そっちに行ってないか?」

子供が生まれてまだ一ヶ月ぐらいしかたってないのに?何が起こった?

嫁さんの携帯にかけても番号拒否にされているらしく繋がらない。

非通知でかけても電話を取らない。

嫁さんのご両親はもう他界されていて兄弟も居ないから

実家に帰ってるということはありえないとうことで、

手当たり次第嫁さんの友達やらに電話をかけていて俺のところにも連絡がきたらしい。

弟めっちゃ動揺しているし電話の後ろで母の泣き声やら父の怒鳴り声やらも聞こえる。

とりあえず心当たりがない、と答えで電話を切った。

少し考えて、俺の携帯から嫁さんの携帯にかけてみた。そしたら・・・

「お久しぶりです」と電話の向こうで意外と元気そうな声。

「何かあったのかい?弟が何かした?」と聞いてみると

・うちの実家の近くに家を構えたけど毎日のように母が突撃&電話してくること。

・1年間ぐらいしたら父&母が孫のをせっついてくるようになった。

 仕事もやめるように口うるさく言うようになった。

・仕事先に「嫁を辞めさせてくれ」と電話するうちの母。 

・妊娠したら手のひらを返したように褒め称え、

 女の子だとわかると溜息混じりに、

 「貴女は本 当に何をしてもだめな子ね」となじる父&母。

・出産のため入院になったら当然のごとく毎日突撃。

 陣痛室(だっけか?)にまで突撃。あろうことか生まれた子供を一番最初に抱っこ。

・ヘロヘロになって帰宅したら

 半紙に片手に父が「これがその子の名前だから。息子と嫁と相談して決めた」と笑う父。

・これからのことに文句を言っても弟は「うちの両親の顔を立ててくれ」と全スルー。

 名前に関しても「両親が決めてくれた名前だし、いい子に育つよ」とむしろ大賛成の構え。

これらのことに我慢の限界が来て、離れたところに部屋を借りて家出したそうだ。

もうね。聞いてて涙が出そうになった。

俺は一人離れたところに暮らしていて実家にもほとんど帰ってなかったから

近況が入ってこなかったとはいえ、こんな酷い目にあってるとは思わなかった。

お嫁さんに謝ったよ。とにかく謝ったよ。

今すぐ目の前に行って土下座したくなった。

電話の向こうで恐縮する嫁さん。しばらくそんな応酬。

すると話は俺が送ったお祝いの話になった。

「お手紙ありがとうございます」と電話の向こうでうれしそうな嫁さん。

だけど微妙に話が合わない・・・

落ち着いてお互いの話を照合すると、なんと嫁さん俺がお金を包んだって知らなかったらしい。

旦那に手紙だけ見せられてお金の話なんてチリほども知らなかったと。

もうね、これで俺もブチ切れましたよ。

「君の全面的な味方だから。「助け」は惜しまない」

「何か困ったことがあったらなんでも協力する」

最初は恐縮してたが当面は嫁さんと実家のパイプ役として働くことになった。

嫁さんのために精一杯動いてやろうと思う。

嫁さん、本当にごめんなさいorz

彼女居ない暦=年齢の純粋培養独身ですorz

だけど子供は大好き。姪っ子が出来て超嬉しい。

▼ 次のページへ ▼

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

修羅場カテゴリの最新記事