男女比1:9の夢の高校生活!片道2時間なんて苦じゃないぐらいハーレムを堪能!!するはずだった俺の青春・・・ww

男女比1:9の夢の高校生活!片道2時間なんて苦じゃないぐらいハーレムを堪能!!するはずだった俺の青春・・・ww

引用元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1315395093/
 

あれは俺がまだ将来に夢を見ていたピカピカの高校生の時の話

俺は当時本当に馬鹿な子供で、中学では友達すらいなかったのに

高校に入ればSOS団みたいな仲間と楽しい日々が送れると夢見ていた

そんな夢見る子供だった俺は新しい日々を過ごすため

地元から電車で二時間の学校への進学をすることにした

受験も無事済ませ特に感傷に浸ることもなく中学を卒業したおれは

春休みの間アニメとラノベを参考に輝く高校生活へのイメージトレーニングに勤しんでいた

春休みは毎日が楽しかった、隣の席に美少女、放課後の教室、楽しい部活

中学時代に友達がいなかった俺の頭に同性との青春を考える能力はなく

妄想の多くはまだ見ぬ彼女とのキャッキャウフフを妄想していた

そんな感じで春休みはすぐに終わり、なんか四月になり入学式を迎えた

入学式、片道二時間の通学も苦に感じず俺はワクワクしながら学校に通学した

通学路で見る同じ学校の制服の生徒をみるとさらにワクワクしたのを今でも覚えている

教室にむかうとさらに興奮して少しブヒブヒしてしまったw

なぜなら、見渡す限り・・・女子!女子!女子!女子のバーゲンセールだったからだww

そう、高校で友達を作る予定がなかった俺は、男女比1対9のほぼ女子高に入学したのであった

楽しくてニヤニヤが止まらなかった

今思うとこのニヤニヤが原因でクラスで浮き始めたのかもしれないが当時の俺は気づきもしなかった

だってお前ら、クラスに女子が40人もいるのに男子は三人だぜ?

しかも俺の他はガリガリなチビとただのデブ

これはまじでキョンになれると俺は思った

そんでニヤニヤしているうちに入学式は終わった

翌日、すぐに授業は行われず自己紹介や部活紹介、クラス委員の取り決めとかが行われた

午前中は自己紹介とクラス委員の取り決めと学校の説明だった記憶がある

入学式当日はよく観察できなかったが、観察をしてみると

我が一年F組は結構レベルの高いクラスだということが判明した

特に高山さんと山下さんは可愛かった

隣の席は吉井さんというデブだった

自己紹介は明るく爽やかにこなし委員会は保険委員に立候補した

午前の予定が終わると先生は職員室に行ってしまい、生徒達の交流タイムが始まった

同性に興味がなかった俺はとりあえずクラスに溶け込もうと隣の吉井さんと話をすることにした

吉井さんは見た目は本当にただのデブで、常にかたあげポテトを食べているようなデブだったが

紳士としてクラスの全員に分け隔てなく交流を持った方が良いと思ったので先ずは吉井さん話しかけた

別に可愛い子に話しかけるのが怖かったわけではない

吉井さんに話しかけるとハンサムな紳士にいきなり話しかけられたことにびっくりしたのか

人語ではないなにかをブツブツ呟いていた

その一件以来、俺がクラスの女子と関わることはなかった

みんなが仲良くなっていく中で一人寝たフリをして午後まで時間を潰した

途中で見てみたらクラスの男子デブとチビが

楽しそうにアドレスを交換しているのが見えた、少し泣いた

そんな感じで午後の部活紹介を迎えた

部活紹介は退屈でしかなかった

上級生が寸劇をしたり、自分達の作品や活動内容を説明するだけの陳腐で退屈なだけの部活紹介だった

憂鬱のハルヒもこんな気持ちだったのかなぁ、とか考えながら

俺は可愛い先輩がいる部活探しに精を出していた

しかし部活紹介も終盤に近づいた頃

俺の人生を大きく変えることになったその部活紹介は地味な感じに始まった

なんかちっこい先生が壇上に立ってた

推定身長145センチの幼児先生が壇上の隅にちょこんといた

少し辺りがざわついたが先生は構わずに部活紹介を始めた

▼ 次のページへ ▼

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

自分語りカテゴリの最新記事