嫁「DVされた!離婚する!!」嫁弁護士「悪いと思ったらしっかりと支払うべきです」→酒に溺れた生活をしていたら初老の男性が訪ねてきて・・・「あなたは嵌められてますよ?」

嫁「DVされた!離婚する!!」嫁弁護士「悪いと思ったらしっかりと支払うべきです」→酒に溺れた生活をしていたら初老の男性が訪ねてきて・・・「あなたは嵌められてますよ?」

10年ほど前の今頃、当時はオレの妻だったアイツが、

いきなり離婚を言い出した。

理由はDV もちろん覚えがない 

無理矢理夜に誘ったのも我慢できなかったというが

断られたら、我慢して退いてしつこくしてなかった。

あと、稼ぎも少ないし、家庭もかえりみなかったって言われた。

良くわからなくて離婚したくないって言ったら、嫁が出て行って、

以降弁護士を通してしか話できなくなった。

アイツの携帯には着信拒否されて、

アイツの実家の電話も全部当時の義理の父や母がでて、

怒鳴られて切られた。

請求された慰謝料と財産分与の額は多くもない貯金が

全部もっていかれてさらに借金が残るレベルで

むこうの女性弁護士は

悪いと思ったらしっかりと支払うべきです

と言ってにべもなかった。

その当時、どうやって暮らしてたのか

自分でも大して覚えていないけど、

呑めもしない酒を飲んで吐いて

布団にたまったゲロに顔を付けたままシにたい

シのうって同じことをぐるぐる考えてたことと

無断欠勤をやってしまって、もうオレはだめだ、

なんでシなないんだろうって思ってたのは覚えている。

転機が来たのはすごい雨の日だったのを覚えている。

上司からしばらく出てこなくていいって言われて、

ああ、もういよいよだめかって思いながら

荷物をまとめて帰ろうとした間際に、

オレに客がきたって総務のむねでっかい太ったねーちゃんが知らせに来た。

応接室で落ち着いた感じのオレより少し上かなって年の髪の長い女性と

弁護士って名乗った初老ですっごいはげた男が俺を待っていた。

彼らはいろいろ挨拶をしてから何か話していたけど、

そのときの前半の話はぜんぜん覚えていない。

記憶に残っているのは、

「あなたははめられているんですよ?」って弁護士の言葉から。

その時、つるっぱげの男がすごい真剣で親身な目をして

オレを見ていたことと、女性がなみだぐんでいた。

そこから、アイツが不倫、しかもW不倫していたこと、

この女性が間男の妻だってことを説明されて

オレは正直、怒りもなんにも湧かなかった。

ただ、あっけにとられただけだった。衝撃を受けて呆けた。

家に帰って酒飲んだら、なんかつるっぱげ弁護士に

猛烈に腹が立って、事務所に電話して

「なんで嘘言うんだよ」とか自分でも訳のわからない絡み方をして、

で電話中に猛烈に気分が悪くなって以降は覚えていない。

気がついたら入院していたのだけど、後から母が言うには、

肺炎と急性アルコール中毒と肝臓障害、

それと鬱病一歩手前と栄養失調だったらしい。

全然自覚してなかったけどね。

オレは病院ではずーっとぼーっとしてたんだけど、

その間、例の間男の嫁さんがきていてオレの両親に話をしたそうだ。

そして弁護士事務所への連絡先をおいてっていったらしく、

両親が事務所に乗り込んでいったらしい。

それでことの次第が明らかになって、

オレを挟んで、不倫組とサレ関係者が対立していったらしい。

幸い入院の終わり頃には、酒も抜けて、神経の薬もらって

ちょっと考えることが出来るようになってオレは離婚を承諾した。

薬のせいでどうでもよくなって、

離婚した方がいいって周囲から言われまくったし、

逆らう気力もなかった。

結果として言えばオレは慰謝料なしで別れることが出来た。

あのつるっぱげ弁護士さんに親も依頼したところ

向こうの弁護士が慰謝料を取り下げて、分与分は少なかったんで、

少額にこだわるより早く縁を切るという父の方針ですんなりといった。

子供は居なかったんで、親権で悩まなかったのはよかったと思う。

間男の嫁さんには、

うちのPCのメールとかそういう資料を全部あげて協力したんで、

慰謝料もらえて離婚したらしい。

家は賃貸だったから、親に任せて引き払うことにして、

しばらく精神科でカウンセリング受けて、

なんとか数ヶ月で会社には復帰できた。

首になる寸前だったらしいけど。

会社に復帰した後は、精神科通院しながら、

なんとか仕事できるようになってきて

2年ほどで通院を終るころに、仕事は元通りにできるようになった。

もう家庭のことも考えなくていいんで、

▼ 次のページへ ▼

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

生活まとめカテゴリの最新記事