俺「会社っぽい電話きてるよ」嫁「代わりにとってー」→電話「あー嫁ちゃーん?俺俺ー」俺(これ会社からの電話か?)嫁「・・・」

俺「会社っぽい電話きてるよ」嫁「代わりにとってー」→電話「あー嫁ちゃーん?俺俺ー」俺(これ会社からの電話か?)嫁「・・・」

と言って先にあがった。

あの空間で一緒になんていられるか。すぐ来たので

「どうぞ、お上がり下さい」

と、丁寧にもてなした。

リビングにて、嫁、間男正座。

録音、録画を了承してもらって話開始。

俺「嫁、携帯貸して」

嫁、素直に渡す。

俺、興信所の書類と照らし合わせる。問題なし。

ホテルにも行ってたが、そんなんどうでもよし。

俺「じゃ、持って来たもの出して」

嫁「ちょ、ちょっと待って!話聞いて!」

俺「話を聞く約束などしてない。出せ」

間男「ホントにすいませんでした!

どうか、話だけでも聞いてあげて下さい!」

俺「今貴方にお話する事はありません。

というか貴方、名乗りもせずにどこの誰ですか?」

という事で間男風呂場に連行。

俺「お、ちゃんと持ってきたな。じゃ書いて。」

嫁「ちょっと待って!お願い聞いて!」

俺「今まで来たメールの内容と似た話なら聞かないよ」

嫁「ちがうの…」

俺「何が違うのか全く解らないし、

違う事なんて何もないだろうから、早く書いて。話進まない」

嫁「聞いて…」

俺「書いたら聞くよ。書かないなら俺帰るし。

鍵は渡せないが。居たきゃ居ればいい。通報するけどね」

嫁、躊躇いながら記入。

とりあえず用済みなので話聞かずに間男と交換。

俺「どっかの誰かさん。これに名前書いて下さい」

間男「すいません!そんなつもりないんです!

ああと、私間男と申します!」

別に聞いてない。

俺「そんなつもりが何のつもりか聞いた事ありませんが?書いて下さい。

話にならない様でしたら、会社に行きますが?」

間男、あわてて記入。

はい婚約成立おめでとう。

書類預かって嫁もリビングに。

俺「じゃ、俺は今日にでも親に同意貰って、届け出すわ。

再婚出来るようになったら、届け出して」

嫁「ちょ!待って!あの時だけなのよ!」

俺「ん?何が?嘘偽りなく答えて」

嫁「あ…」

黙り込む嫁。

俺「今さら弁解なんていらないよ。

いつからなんてネホリハホリ聞いても不貞行為にゃ変わりないしね。

そうだ、貴方が出せばいいんだ」

間男に婚姻届を渡す。

間男「そ、そんなつもりじゃなかったんです!」

ここで興信所の録音流す。

俺「お望み通りですよね?」

間男「ち、違う…」

嫁「ちょっと待ってよ!」

俺「まぁまぁ。ちゃんと譲歩考えてるよ。

全部受理したら慰謝料いらないし、

このマンション、名義変えていいよ。

どっちの名義でもいい。

但し、ローンの支払いはきちんとしてね」

間男「え?ホントにここ、貰えるんですか?」

俺「名義は2人で決めて。ただ、結婚するまでは

嫁名義じゃないとめんどくさいんじゃない?」

間男、表情変えて

「嫁!俺達、何の責務もなく結ばれるんだ!」

と嫁に言う。なんだこいつは?

俺「おいおい、勘違いしないでね。今のは嫁に対しての条件。

貴方にはきっちり慰謝料請求しますよ」

間男、唖然。「だ、騙したな!」

俺「騙したのは貴方じゃないですかw

婚姻届書いた後にそんなつもりじゃないって言っておいて

喜んでるんじゃ、説得力ないですよw」

で、間男に慰謝料300万請求。

間男「こんな額払えない!ボッタクリだ!」

俺「人の嫁奪ってボッタクリって何ですか?何の基準で?

まあ、高いと言うなら弁護士でも雇って裁判しますか。

俺は別に構いませんよ。

▼ 次のページへ ▼

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

生活まとめカテゴリの最新記事