友人「A室に怪しいカップルがいるんだ、見に行こうぜ!」好奇心と男のロマンに負け部屋に向かった・・・→そこには、衝撃の光景が!!

友人「A室に怪しいカップルがいるんだ、見に行こうぜ!」好奇心と男のロマンに負け部屋に向かった・・・→そこには、衝撃の光景が!!

大学でとある就職の採用試験があった。

試験場の設営で彼女共々十数名が駆り出されたんだが

試験が終わってやれやれ、と思ってたら

友達の一人が慌てて俺の所に来てこっそり耳打ちした。

「A室に怪しいカップルがいる」

俺は好奇心とスケべ心でその友達と現場へ向かった。

A室と繋がっているB室から入り、ガラス戸から中を覗いた。

が、何も見えない・・・

その時点で、多分誰もいないんだろ、とタカを括った俺は

テンション下がり、帰りたくなった。

ところが彼女いない歴20年の友人がチャレンジングにも

「音を立てないように戸を開けるから待ってろ」と言う。

殆ど職人技で、音を立てずに戸を開ける事に成功!

二人で中に入って行った。

「絶対にまだ中にいるはずだ」

との自信満々の彼の言葉に妙に緊張感が高まった。

薄暗い室内、パーテーションの奥でもの音。一気に緊張感MAXでした。

人の見分けが辛うじて付くか付かないかの明るさだったけど

遠くに黒い人影が二体見ることが出来た。ゆっくり距離を縮める。

一人が立っており、一人が座っている?状況に見えた。

はっきり見るために、横へ移動

距離は離れたがパーテーションの遮りが無くなる位置へ。

逆光で浮かび上がる二人の影がはっきり見えた。

男の前に膝まづいてフエラする姿だった。

勃起したアレを咥えて顔をゆっくり前後させてるところだったが

逆光となったその光景は、興奮と同時に芸術的にすら見えた。

俺たちは息をコロして見入っていた。

徐々に激しくなる女の子の顔振り、

男が微かに「あぁっ」と言う声を出し射精していた。

女の子はしきりに顔を振って、静駅は飲んでいたようだった。

もう、興奮しまくりだった。

流石にこれ以上はマズイと思った俺は渋る友人を連れてB室へ。

友人「絶対大学の奴だから顔だけ見てこうよ」

それはその通りと思い、暫くそこで待機。

すると最初に男が一人で出て来た。一学年下の奴。

まあまあイケ面。目立つ奴ではあった。

全くコソコソするそぶりもなく、堂々と歩いて出て行った。

次に女の番だが、用心深いのかなかなか出てこない。

▼ 次のページへ ▼

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

修羅場カテゴリの最新記事