娘が不倫した。俺「金は貸さない、自分で何とかしろ」嫁「ひどい!助けてあげればいいのに!」←普段は不倫を嫌悪してるのにやたらと娘を庇う嫁。こいつも不倫してたわ。

娘が不倫した。俺「金は貸さない、自分で何とかしろ」嫁「ひどい!助けてあげればいいのに!」←普段は不倫を嫌悪してるのにやたらと娘を庇う嫁。こいつも不倫してたわ。

娘が汚嫁の立場だったのだが、ここを見ていたのもあり

娘にしっかりと制裁を受けさせた後に絶縁したよ。

元夫さんには本当に申し訳ない気持ちで一杯だった。

娘はテンプレ言い訳してたから産まれて初めて張り倒したよ。

制裁は元夫さんは財産分与と慰謝料を相殺だったけど、

間嫁さんから200万請求されて娘に泣き付かれたが、

身体売ってでも自分で払えと突き放した。

普段不貞に関して物凄い嫌悪感示す妻が、娘を庇ったので

怪しいと思って調べたら妻も不貞を働いてたので後日離婚。

娘の慰謝料とは別に

親として迷惑掛けた分を包んで元夫さんに渡したけど、

受け取っては貰えなかった。

それどころか、泣きながら

幸せに出来ずにすみませんと頭を下げられて

俺は元夫さんを抱きしめてやることしか出来なかったよ。

俺  48歳 建設業経営 

元妻 47歳 専業主婦

間男 35歳 元部下、現仕事仲間

元妻の方は先ほど話した通り、

娘の不貞で関係者全員集めてからの話し合いの中で

普段から不貞に関して異常な嫌悪感を示す元妻が

「たった一度の過ちなのにここまでするなんて!」と、

娘を庇いながら元夫さんに食ってかかったので、最初は、

普段はあんなに毛嫌いしてた不貞に関しても

娘の事になると簡単に意見を翻すなんて

元妻も母親なんだな、くらいにしか思わなかったが

その日の話し合いが終わり、娘と元妻と三人になった時に

元夫さんの肩を持った俺に対して

二人が猛烈に批判してきた時に

元妻の思考が完全にシタの思考だなと思い

嫌な予感がした俺は、二人に頭を冷やせという名目で

元妻の実家に二人を追いやって家探しをしたところ、

元妻の前携帯を発見し中身を見てみると

5年ほど前のラリメールを発見。

ラリメールの相手の名前はみさちゃんとなっていたが、

みさちゃんの電話番号を俺の携帯に入力し検索したら

前に俺の会社で働いてて今は独立したやつの番号だった。

こいつを仮にAとしよう。

Aは25歳の時に求人広告を見て俺の会社に入って来た。

お調子者で不器用だったけど仕事は真面目で、

最初は苦労したみたいだが

歯車が噛み合った途端にメキメキと腕を上げて

独立するまでは俺の右腕的存在にまでなってくれた。

最初のころ金が無かったAに俺は飯を奢ったり、

俺の家でご飯を食べさせたりしたんだが

その時に元妻と接点を持った事がきっかけで

何年も経った後に不倫に発展した事が後日わかった。

そして5年前に不倫の関係を清算した事も

前携帯に残ってたメールで発覚した。

取り敢えず娘と元夫さんの件が完全に終わるまでは

元妻の不貞の事は封印。

一度弁護士に相談したがメールだけでは過去の不倫に対して

離婚や慰謝料請求は難しいと回答を貰ったので、

娘の事が完全決着した時に

Aに愚痴を聞いてくれという名目で呼び出して酒を飲む事に。

最初は娘の不倫に対して

親として元夫さんに申し訳ない等と話してたが

徐々に不倫は悪だ、不倫をする奴は人間じゃない

という方向に話を持っていき

Aの反応をみると今にも吐きそうな顔になってきたので、

どうしたんだ?もう酔っ払っちゃったか?

と肩を叩きながら言ったら

Aは「みたいっすね、今日はそろそろ帰ります」と言ったので

いったん居酒屋の清算し店を出た後に

トドメに肩を組んで耳元で

「元妻の具合は良かったかよ?あ?」と脅したら陥落。

場所を移して違う居酒屋で詳細を聞く事に。

勿論ICレコーダーを起動させつつ。

元妻と不倫当時はAは独身だったが独立後に結婚。

なのでA嫁にはバラさないという約束をした上で

嘘偽りなく話せとAを促す。

Aが元妻と接点を持ったのは俺の家でご飯を食べさせた時だが、

その時にお腹が空いたら何時でも食べに来いよと俺と元妻でAに話し、

Aも最初は遠慮してたが徐々に俺が居ない時に

夕飯を食べに来てりしてた。

▼ 次のページへ ▼

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

生活まとめカテゴリの最新記事