嫁「2人で頑張って育てようね」←幸せの絶頂だったのにシ充産してしまった。上司「心配だろうから帰っていいよ」←帰宅すると嫁が電話してて・・・嫁「ごめんね・・・あなたの赤ちゃんタヒんじゃった・・・」

嫁「2人で頑張って育てようね」←幸せの絶頂だったのにシ充産してしまった。上司「心配だろうから帰っていいよ」←帰宅すると嫁が電話してて・・・嫁「ごめんね・・・あなたの赤ちゃんタヒんじゃった・・・」

俺と嫁は高校時から付き合っていた

卒業して俺は就職し嫁は短大に行った

いつもデートする金曜に、

その短大の歓迎会があるからとその日は会えなかった

で、実は歓迎会という名のコンパで、

しかも嫁は俺の大学に行った友人とばったり会った

友人曰く、嫁はDQN気味のボンボンにお持ち帰りされてホテルへ

そして俺以外の男の味を知った嫁は間男のことが好きになり

「出会う順番が違っていた」と言って俺に別れを告げた

俺は落ち込んだね。

振られてからは彼女も作れず、ウジウジした毎日だった

振られてから2年過ぎて街で偶然に嫁に会った

嫁は間男の浮気で半年前に別れたと話した

俺はまだ嫁のことが好きだった。

でもこれだけは言うまいと思っていた

だが嫁が「久しぶりに会って、本当にだれが好きなのかわかった」

「私のしたことは許されることではないけど、

本当はあの時止めて欲しかった。

しっかり私をつなぎ止めて欲しかった」

など言われて、まだ未熟だった俺は心が揺れて寄りを戻した

好きだったけど、まだ信用できない思いもあったのは事実

だが二度と悲しい思いをしたくない。

嫁を二度と離したくないと

俺の心は激しく再燃して嫁を許し受け入れた

それから色々空白を埋めるように

別れる前よりもお互いベタベタした関係になり

交際1年でプロポーズして半年後に結婚した

そして結婚記念日に妊娠報告を聞いて

俺は号泣して嫁を抱きしめた。

そんな俺を見て嫁は優しい笑顔で見ていた

嫁「私たちの愛の証だよ。2人で頑張って育てようね」

俺は幸せの絶頂に達していた

だが報告受けて2週間後、

嫁は買い物に出かけると行って出ていき

出掛け先で倒れて病院へ。子供は流産した

病院で泣き嘆く嫁を見て俺はずっとそばにいて手を握っていた

俺「今回は残念だった・・・退院したら子供の供養に行こうな

俺たちまだこれからなんだから、またチャンスはくるよ」

そう言って慰めて、嫁も頷きながら2人で泣いた

4日後に嫁は退院して自宅療養していた

俺は心配だったが、

俺「今日遅くなるから、具合悪いときは義母さんに来てもらって

絶対に無理はするなよ」

そう言って仕事に行った

事情を知っている上司が

上司「奥さんが心配だから、今日は半ドンで帰っていいよ」

俺はその厚意をありがたく受けた

嫁を元気づけようと途中でケーキとか

嫁の好きなもの買って昼過ぎに帰宅

寝室で嫁はぐっすり寝ていた。

起こさないようにリビングで静かにくつろいでいた

しばらくして嫁スマホの着信音がなった

嫁は起きたらしく電話をとり話し始めた

話す内容は流産のことだった

その時嫁が誰と話しているかはわからなかった

しばらく聞いていたら

嫁「ごめんね・・・あなたの赤ちゃん・・・

タヒんじゃった・・・・」

俺「!!!!!!!」

嫁が何を言っているのかわからなかった

俺「誰の赤ちゃん?俺ここにいるよな?あれ?あれ?」

俺は少しパニックになったけど、

【嫁が浮気している】ことだけはわかった

嫁「うん、うん、今日奴は残業で遅くなるって言ってたから大丈夫

うん、じゃあ待ってるね」

俺がここにいてはまずいような気がした

何をしていいかわからなかったが、

とりあえずリビングに置いてあるウェブカメラだけは

セットして見つからないように家を出た

(レコーダーも寝室のドアの上に仕掛けた)

その日昼からはネットカフェで過ごした

夜21時になって、憂鬱だったが帰宅した

嫁は寝ている。まさかと思いゴミ箱漁ったら

使用済みのゴムをティッシュに丸めて捨ててあった

仕掛けた録画、録音を調べたら

▼ 次のページへ ▼

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

生活まとめカテゴリの最新記事