勝手に家に上がり込む近所のセコケチA・・・私『警察呼びますよ!!』旦那とA宅に突撃すると・・・家族全員がwww

勝手に家に上がり込む近所のセコケチA・・・私『警察呼びますよ!!』旦那とA宅に突撃すると・・・家族全員がwww

わたしは今妊娠八ヶ月なんだが、三ヶ月を過ぎた辺りで切迫流産

を起こしかけてしまったので早い段階から産休を貰ってる。

というか半ば強制的だった。

することもあまりないし、最近は桜も咲いてきたから

近くの桜並木を散歩していたらタイミングよくご近所のAに遭遇。

ご近所といっても、わたしは仕事をしているから井戸端会議的なのに参加してないし

一ヶ月とかに一度スーパーで顔を合わせたら会釈する程度のお付き合い。

特に最近まではお腹の子供のことも心配だったのもあり、

買い物類は旦那がやってくれていた為ほとんど顔を合わせる機会がなかった。

しかしAはわたしを見るなり、形相変えてわたしの方に走ってきて・・・

「あらーいつの間に赤ちゃんできてたのー?」

「そんなにお腹大きくなってー!そのマタニティドレス素敵ねww」

「でも・・・お腹大きくなったから前までの服着れないでしょ?」

「勿体無いからわたしが貰ってあげるわ(にやにや)」

「あなた若いんだから常に流行のもので居たいでしょ?」

「それに産む前に着てた服なんて着てたら子供がいじめられるわよー」

「でも服捨てるの勿体無いからわたしがもらってあげるわね!^^」

漫画とかでよく「マシンガントーク」ってあるけど、まさにそれ。

口を挟む暇も隙もなかったw

それに自分は元々流行を追うタイプではないし、今までの服も流行りかどうか

と聞かれれば流行りではないような服も多い。

それにそんなので苛められる子供なんているわけねぇだろゴルァ!!

ということを、端っこが破れてるオブラートに包んでみたが包みきれずに伝えてみた。

最初はニコニコしながらデモデモダッテだったAだったが、

わたしに全く服をあげる気がないのを察したら表情がガラッと豹変した。

Aは少し声を低くして「……私にそんなこと言っていいと思ってるの?」

とか言い出しやがった。

そんなの知りませーん急いでるんで失礼しまーすと言って家に逃げてみた。

後ろからAがうだうだ言ってるのがウザかったので

徒歩10分で帰れる所をタクシーで帰宅してしまった。…ちょっと後悔。

帰宅してからはのんびりとDVDを見たり

桜の紅茶を飲んだりとのんびりと過ごしていた

そんなところにチャイムが鳴った。

これはわたしが悪いんだが、誰か確認せずにドアを開けてしまった。

もちろん来客者はA。

うわ~、と思いながら「何か御用ですか?」と言ったら、

Aはニコニコしながら「まぁ~いい匂いね!何のお茶かしら?」

▼ 次のページへ ▼

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

キチママカテゴリの最新記事