私に両親がいないからといって下に見てくる義実家。挙句、夫は他所で子供をつくりリ婚・・・バー力、私は一生働かなくても暮らしていけるぐらいの遺産相続してんだよww

私に両親がいないからといって下に見てくる義実家。挙句、夫は他所で子供をつくりリ婚・・・バー力、私は一生働かなくても暮らしていけるぐらいの遺産相続してんだよww

引用元:http://life8.2ch.net/test/read.cgi/live/1179291781/
 

親がいない=文無し・宿無しとでも思ってるんじゃね?

私の元ウトメがそうだったよ。

タヒんだ親から一生働かなくても暮らしていける程度の遺産は相続してるんだよ。

リ婚が成立してからその事実を知って、速攻で謝りに来やがった。

誰が復縁なんてしてやるかっての。

元夫とは大学の同級生。私が大学を卒業する前に父が他界。

母は私が中学生の時に事故タヒ。

就職してから元夫と付き合い始め、結婚することに。

元義実家からはこれといって反対もされず。

結婚してからは、ここのテンプレを一通りカマされ毎週末の義実家詣では当然のこと。

曰く「嫁子に家庭とはどんなものなのか教えてあげる」

運悪く(運良く?)元夫との間に子供ができず

結婚後一年たたない頃から面と向かって「ハズレの嫁」呼ばわり。

ハズレの嫁にはエサは要らないとばかりに元夫は生活費を入れなくなり

私の給料だけで生活すること二年!

元夫の浮キ相手に子供が出来て「別れてくれ」と言われたわけですよ。

さすがに辛抱たまらなくなって、亡父の親友だった弁護士さんに相談。

弁護士さんが間に入っていろいろ折衝をしてくださったのだけれど、

先方のあまりにこちらを馬鹿にした物言いに弁護士さんがあきれ果て

「○子ちゃんの気持ち次第だけど、僕は早くあの家とは縁を切ったほうがいいと思うなぁ」

と勧められ「でも、このまま追い出されるのは悔しい」と言ったら

「大丈夫。ああいうタイプが一番後悔する方法でリ婚させてあげるから」

と言われたので、すべてお任せすることに。

結婚期間の短さや元夫の収入の割には結構な額の慰謝料をもぎとってくれてリ婚成立。

その後私の荷物の引き取りに「わざわざ」弁護士さんが立会いに行って下さり

その時に、元トメが

「○子ちゃんも可哀想に」

「親が居ないから帰るところもないし、これからどうなさるのかしらw」

と言った時に弁護士さんが

「いや、○子ちゃんは経済的に困ることはないですよ」と言い

「何故?」と食い下がる元姑に

「いや、弁護士には守秘義務がゲホンゲホン」と言い置いて帰って行ったらしい。

それ以来連日ロミオメール攻撃ですよ。

「彼女と結婚するんでしょ」と返信しても

「いや。君のほうが良い」「真実の宝物は君だと気付いた」ですと。

バカジャネーノとスルーしてたら

大学時代の友人達にわたしの現住所を聞いて回っているらしい。

 誰 に も 教 え て ね ー ん だ よ

どうも、興信所を使って私の財産状況を調べたらしい。

まさか元ウトの年収と同じ程度の不動産収入があるとは夢にも思っていなかったらしい。

まあ、固定資産税やらなにやらであまり手元には残らないんだけど。

親無し子と馬鹿にしてたからね。

弁護士さんは「ああいうタイプはお金が大好きだからリ婚後に君の資産状況を知るのが一番効く」

「きっと復縁を迫ってくるから気をつけろ」

とアドバイスされたので忠実にアドバイスを実行中。

>>浮キ相手からも、もちろんなにがしかは取った?

浮キ相手は元夫が独身だと思い込んでいたらしく。

そろそろ赤ちゃんが生まれる頃なので、ど〜なってるのかな〜〜?

と思いつつも絶賛スルー中です。

これだけロミオメールが貯まったら、そろそろ法的措置も取れるかなーーと。

ってか先方からの要請で「リ婚後は絶対に連絡を取らないこと」

っていう公正証書を相互に交わしたんですけどね〜

前にも書いた通り、固定資産税やら維持費やらで

収入の八割がたは吹っ飛ぶことが元夫に言わなかった理由の一つです。

あと、父が他界したのが私が学生のときだったために

親戚や前出の弁護士さんから「遺産の話は他人にはするな」と

口がすっぱくなるほど言い聞かされていたせいもあるかもしれません。

会社に前夫の彼女の弁護士という方から「面会したい」という連絡があり

正直エネ夫と元義実家とは金輪際係わり合いになりたくないので

私の方の弁護士さんに連絡し、弁護士同士で話し合いをしてもらいました。

今日、会社の帰りに弁護士事務所に行き話を聞いてきたのですが

基地外の考えることは本当にわけがわかりません。

あまりに話が長くなるので箇条書きにしますと、

・彼女に「今日リ婚が成立した。君と結婚できる」と連絡。

・二週間後「妻(私のことです)が勝手に婚姻届を出した。結婚は延期」と連絡が来る。

・「再度のリ婚調停が長引いている」と言い訳。

・今週から臨月。彼女さん「せめて認知は汁」と詰め寄る。

・ラチがあかず、弁護士を立てて私に再度のリ婚を要求。

という流れだそうです。

こちらからは、

・既にリ婚届は提出済み。再入籍どころか婚姻届不受理請願を出している。

 弁護士なら、まずそれを確認してからこっちに鯉。

・復縁を先方がしつこくせまっていること。

 証拠としてのロミオメールのプリントアウトを山盛り見せる。

・リ婚の際「先々迷惑をかけられたらたまらないから」と先方が言うので

 「今後は一切の接触はしません」という公正証書を相互に交換ずみ。

 むこうの要望で公正証書を作成したのに、速攻で連絡してきたのは向こうの方。

・私は元夫にこれっぽっちの未練もないこと。

 サイ婚だろうが出産だろうがご勝手に。と伝えたそうです。

もうね。何で私のせいなのかと。やってもないことで恨まれてはたまりません。

驚きと怒りで気絶しそうでしたよ。

>>あなたの遺産が欲しくてたまらないから、そうやったんだと思う。

 つくづく最低な男だよね>元夫

遺産と言いますが、地方都市の古い家と賃貸物件と更地ですよ。

時価総額に換算すれば結構な額に思えるかもしれませんが、

まだ相続税だって完納してないし、

家の維持管理費と更地の固定資産税もあるし

絵に書いた餅よりも食えない代物なんですけどね。

元夫の彼女は元夫が既婚者だということを知らなかったみたいです。

私は直接会ったことはありませんけれど弁護士さんによると

「スレたところのない、良い娘さんだったよ」

「親御さんもお気の毒に」って言ってましたし。

会ったことがないせいか、まったく何の感情も湧かないんです。

>>売れば大枚になる。それしか見えてないでしょう。

売れるものなら、父の代で売り払ってますって。

田舎特有の事情があって手放すわけにはいかないのにね。

フリン女の孕んだ子なんか、別に可哀相じゃないよ。

だって、そのうち世間の鼻つまみ者になるんだから

ほんとは堕ろせるうちに堕ろしたほうが後々世の中の為だったのにねえ。

私が彼女を庇うのも変な話ですが、

元夫からリ婚を切り出されたときは彼女は妊娠三ヶ月って言ってました。

元夫が結婚を確約していたので産むつもりになったのではないでしょうか。

元夫としては私とリ婚が成立し次第入籍するつもりだったようですし、

私と結婚するときは、二人でハワイで式を挙げただけでしたが

彼女とは披露宴をするつもりもあったみたいですよ。

プリンちゃんのお父さんは一部上場企業の管理職らしいです。

リ婚の話し合いの時に元義実家が教えてくれました。

「あんたと違って、あちらはちゃんとしたお家だから披露宴もしてさしあげないとね」

と言われましたもの。よーく覚えてますとも。

本家の伯父伯母(父の従姉妹)がその話を聞いて怒ろうことか怒るまいことか。

「○子の両親はタヒんでいるけど、係累がいるという頭が働かないのか?」

「先方は○子の両親は木の股から生まれたとでも思っているのか?」と。

昨夜一晩考えたんですが、

どう考えても元夫とプリンちゃんが結婚するかどうかは私の知ったことではないし

私が巻き込まれる筋合いの話ではないと思うんですよ。

彼女の妊娠が発覚したあとに、元夫が私を罵った言葉の数々を思い出すに付け

今更ながらに悔し涙を流してしまいました。

近々転職することになってましたが、

辞職予定を前倒ししてしまおうかと考えています。

個人情報保護法ブラボー!

 

少し相談

職場の上司から連絡があり、元夫が私の住所を知りたがっていること。

「別れたとはいえ、夫婦なのだから話し合いをするべきである」

というありがたいお説教もされました。

とりあえず、元夫に教えていないのには理由があるのだと話しましたが

上司は納得していない様なので、今日の夕方にお会いする約束をしました。

1人で行くのは嫌なので従兄弟二人に同伴を頼んでいますが、

洗いざらいぶちまけたほうが良いのか?

(元夫の大学時代のサークルの大先輩でもある)

下手にぶちまけて、これ以上付きまとわれてもたまらないし、どうしたものかと思いまして。

>>その上司はリ婚の経緯は詳しくは知らないんですか?

私からは何も言っていません。

元夫サイドから何か言ってきているかもしれませんが。

上司の口ぶりでは私が癇癪起こして飛び出してのリ婚みたいな話になってるっぽいです。

従兄弟は今、ウキウキしながら書類を時系列に並べ替えています。

もしものときのためにと弁護士さんが、

今までの経緯とそれに関する公文書や公正証書のコピーを全部渡してくださっていたものです。

あまりはっきりは書けませんが、今住んでいる所は住所が割れたところで

元夫が押しかけてくることは事実上不可能です。

ただ、会社への行き返りなどに待ち伏せされたらひとたまりもありません。

今、従兄弟からの提案で「従兄弟達だけで上司と会うのはどうだろう?」という話になりました。

従兄弟がiPodにリ婚話し合い時の録音データを落としてます。

改めて録音聞いてみると、本当に酷い言われようです。

私、農学部卒で就職後も修士課程に通っていたんですけど

私の専攻についても言いたい放題だわ。

「汚い仕事」ですか。そうですか。

▼ 次のページへ ▼

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スカッとする話カテゴリの最新記事