嫁のフ倫でリ婚。小2だった娘には『ママは病気で入院していて会えない』と誤魔化して6年。娘の受験を機に再構築しようとしていたが、娘『いつまで嘘つくの?』

嫁のフ倫でリ婚。小2だった娘には『ママは病気で入院していて会えない』と誤魔化して6年。娘の受験を機に再構築しようとしていたが、娘『いつまで嘘つくの?』

引用元:http://engawa.open2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1474941124/
 

元嫁のフ倫が原因でリ婚

俺は元嫁がまだ好きだったけど、けじめをつけるためと

間男に制裁したかったので再構築前提のリ婚をした。

当時小2の娘の親権は俺。

元嫁一時的な気の迷いだったと後悔反省、こちらの条件丸のみでリ婚に応じた。

間男は裁判になると困る職種だったから吹っ掛けて4桁万円近くむしりとった。

娘と元嫁は2~3ヶ月に1度、俺も含めた3人で会った。

娘には「元嫁が病気で入院していて、普段はお見舞いもできないから会えない」って説明してた

最初の1年は「ママと暮らしたい」って

赤ちゃん返りみたいになって泣くことが多かったけど次第に落ち着いていった

このリ婚劇が6年前の話。

俺のフラバも無くなり、来年娘が受験だからサポートも必要だし

「そろそろ一緒に暮らそうか」ってなって

このGWにリ婚後初めての旅行を計画した娘は喜んでいて、旅行中も楽しく過ごしていた。

もう大丈夫だろうと思って、先週末また娘と元嫁と出掛けたとき

帰宅してから「もうすぐ退院できるからまた一緒に暮らせるぞ」って言った。

でも娘はしばらく黙った後に「いつまで嘘つくの」って

「小さいときにママと暮らしたいって言ったのに私の思いは否定された」

「今さら一緒に暮らしたいって言われても私が無理」

「二人とも嘘つき、嘘つきは大嫌い」

こんなことを言われて部屋にこもられてしまった

とりあえず元嫁を今の住まいに送ったが、元嫁過呼吸になるほど泣いていた。

まさかこんなことになるとは思わず

元嫁の住まいは今月一杯で解約の連絡を入れているのでもう時間がない

娘と話したいのに俺が起きる前に学校に行き

俺が帰る頃には部屋に閉じこもっているしで

あれ以来顔すら見れていない、声をかけても返事もない…

どうしたら娘と落ち着いて話ができるだろう

リ婚したことやリ婚の原因などは娘には話していません

それで今回の反応なので驚いています

また、俺両親は鬼籍、元嫁両親は飛行機の距離で、

なおかつこの件に関しては元嫁の不利になる情報ですし娘に漏らすとは考えにくいです

もし娘の言う嘘つきがリ婚を入院と言ったことをさしているとしたら情報の出所がわかりません

元嫁の住まいに関しては再契約できるか確認してみます

無理ならウィークリーで探してみます

もちろん娘最優先なので、長いスパンで考え直すことにします

最初にも書きましたが、娘に真相がバレているとして情報の出所がわかりません

書き方が悪かったのですが、同居に関しては娘にギリギリで報告したわけではなく

前回面会した3月頃に

「ママの体調がだいぶ良くなったからGW旅行に行こうか?」という話になり

「旅行中に今月退院できるからまた一緒に暮らせるよ」

という具合で、段階的に娘には知らせてきたつもりでした。

最初は子供心に理解してくれたかもしれないとしても、

入院しているのに6年間1度もお見舞いにいってないのは無理がありますよね…

当時小2の娘も今は中2ですし、違和感や疑問を持って当たり前だと思います。

娘もいつまでも子供ではありませんからね…完全に自分の落ち度です。

元嫁には賃貸契約の延長をお願いできないか聞いてもらうように連絡しました。

ウィークリーも並行して探すので、住まいは何とかなると思います。

今日は仕事が早番なので定時で帰れるようにお願いします。

急げば娘の帰宅より前に帰れるかもしれないし、

とにかく話だけでもできないことには進まないのですが…

娘の傷を広げないようにすることを第一にしたいので

無理矢理にならないよう気を付けます。

 

かなり大変なことになってしまいました。

帰宅したところ既に娘がおり「話がある」と言われました。

こちらとしても元嫁の入院と偽っていたことを謝らないといけないので

元嫁を呼ぼうかと提案したところ娘は拒否。

そして、スマホで撮影した写真を見せられました。

それは元嫁の今の住まいの写真です。

もちろん私は娘を元嫁宅に連れていったことがありません。

部活の大会の帰りに会場最寄り駅で元嫁を見かけ

こっそりつけていって撮影したそうです。

そして娘から衝撃の一言…

「ママ、男の人と一緒だった」

「二人で家に入るところ撮ろうとしたけどアプリがフリーズしてうまくいかなかった」

入院が嘘だとわかり、さらにその翌週の面会で私の口から退院と同居を告げられ

感情がうわーっとなって嘘つき発言になったとのこと。

土下座して謝りましたが、娘は「パパに怒鳴ったのはただの八つ当たり」と言っていました。

当たり前ですが、私はその男性に心当たりがありませんし

どういう関係の人間かもわかりません。

とりあえず今は食事を作る気力も無いので娘つれてファミレスに来ました。

娘は友達が来ていたようでそっちのテーブルでおしゃべりしています。

さてどうしたものか…

帰ってきてから娘とゆっくり話してました。

娘は憑き物がとれたように落ち着いて、もう寝ました。

元嫁と一緒にいた男というのがまだ誰かはわかりません。

娘の見間違えかもしれないし、

何かの都合で家に来てもらわざるを得なかった人かもしれない…

というような話で一旦は落ち着いてくれたように見えます。

▼ 次のページへ ▼

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

夫婦問題カテゴリの最新記事