彼女と両家両親とで将来の真面目な話をしていたが、おなかの弱い俺は大事な局面で漏らしてしまった・・・→婚約は破談になったんだが、後に衝撃の事実を知る!!

彼女と両家両親とで将来の真面目な話をしていたが、おなかの弱い俺は大事な局面で漏らしてしまった・・・→婚約は破談になったんだが、後に衝撃の事実を知る!!

引用元:http://love6.2ch.net/test/read.cgi/ex/1214629316/
 

彼女(A美24歳)と付き合って3年になる頃

俺(25)が「資格を取ったのを機に結婚するか」って事になった。

プロポーズもすんなり受けてくれて

向こうの親にお決まりの挨拶に行った時も彼女の親は笑顔で快諾してくれた。

式場選びや予約なんて言う結婚前のイベントも

男ながらになんか楽しくて毎日が幸せだった。

いろんな事がある程度決まった頃に、

「お互いの両親を混ぜて食事をしよう」って事になった。

彼女の実家がちょうど家を新築したばかりだったので、

向こうから「うちでちょっとしたパーティーをしないか?」と提案され招かれる事になった。

 食事会当日

俺は彼女宅2、3回行った事あったんだが

うちは賃貸だったから出来立ての家を見て、うちの親テンション上がって

おかん「すごいねーピッカピカだねー」

おとん「台所が光ってるぞ」ってちっちゃくはしゃいでた。

そんで、しばらく談笑してたんだが

ひょんな事から彼女の父が真面目な話をしだしたんだ。

なんて言うんだろ・・・将来設計?とか彼女父から見た俺の長所、短所とか。

話の中心が俺関係だったもんで、自然に正座になりつつ話を聞いてた。

でも途中から急激に腹が痛くなった・・・

俺、昔から胃腸が弱くて、すぐ腹壊す奴なんだよ。

ファーストフード食べた時は必ず1時間以内にトイレイン。

辛いもの食べたら1時間以内ry

アイスry

その日は、特に危険な物は食べてなかったんだけど、

タイミング悪く壊したらしく、全神経の9割を尻に向けてた。

こういうシチュエーションは初めてじゃないから

何とかなるだろうってたかくくってたのがまずかった。

その日の胃腸は何時にもまして反抗期で、冷や汗と痛みが限界だった。

せっかく彼女父が熱く語ってるので、最後まで我慢しようと思ったけど、無理。絶対無理。

どうにも耐えれなくなって、

俺「す・・いません・・トイレいいですか」

彼女母「あーどうぞ、場所分かるわよね?」

俺「はい すいません」

正直ホっとした。のが悪かった。

立った瞬間足がジンジンしてしまい、一瞬足に神経が集中してしまった。

次の瞬間・・・漏れてた。

腹壊しての事だからもちろん水分が多い。

ジーパンだったが、今日に限ってトランクス。

ダッシュしたよトイレまで。

床には漏れてないはず。でも匂いと音で何が起きたかはバレてた。

何とかトイレまで行ったけど、Pとジーパンはダメだった。

まじどうしようってテンパってたらおとんがコンコンってドア叩いて

おとん「ズボン無事か?」

俺「いや、ダメっぽい どうしよう」

おとん「今、おかんが取りに行ったからもうちょっと頑張れ」

(俺実家と彼女宅は比較的近所)

言われたとおり、おかんが来るまでトイレに居させてもらった。

その間20分くらい。その間彼女と彼女親はトイレを使う事なく接触もなかった。

もうね・・・この年で俺何やってんだよって恥ずかしさでいっぱいで

過去に戻りたいって本気で考えてた。

おかんが帰って来て、おとんがズボンと下着を持ってきてくれて

それに履き替えて、汚れた服は、またおかんが持って帰ってくれた。

居間に戻って、速攻土下座。

俺「本当にすいませんでした」

 「この年にもなって本当に見苦しい事を致しました」

彼女父、母「・・・・・・・・・・・・」

俺「あの・・・汚れた所などはなかったでしょうか?」

彼女父「汚れた所?あぁ?全部汚れたわ!!お前が漏らしたせいで全部汚れたわ!」

俺「すいません すいません 本当にすいません」

おとん「誠に申し訳ありませんでした。本当になんとお詫びしてようやら」

彼女父「帰ってくれ!二度と家に近寄らんでくれ婚約も無かった事にしてもらう!!」

正直、俺の感覚がずれてるんだろうが、怒られるのは覚悟してた。

新築だし、他人が目の前で漏らしたら引くしな。

でも、婚約破棄されるとは思ってなかったのが正直なとこだった。

一瞬何言われたか分からなくて止まってしまったんだが

我に返って、泣きながら謝った。

「とても嫌な思いをさせてしまった。申し訳ない一生かけて償いをさせて欲しい」

拝み倒した。まじで泣きながらすがった。

でも彼女父も母も意見は変わらなかった。

おとんが不意に「A美さんも同じ意見ですか?」と。

A美「・・・・・・はい」

もうね、その瞬間真っ白になったよ。

心の中でA美は笑って許してくれるかもなんて甘い考え持ってたから。

俺が腹弱いのも知ってたし、昔漏らした話を笑い話でした事もあったから

彼女親に説得してくれるんじゃないかって思ってた。

でも現実は甘くないな。彼女も破棄したいんだって分かった瞬間、終ったなって思った。

もう一度彼女両親に頭下げて、おとんと家を出た。

途中で、おかんがこっちに戻ってくる所だったらしく

俺たちを見て、どうしたのと心配そうに聞いてきた。

おとんが一通り説明した後、おかんが泣きながら

「ごめんねごめんね丈夫な子に産んでやれなかったあたしのせいだ、ごめんね」って。

「おかんは悪くないって。すぐトイレ貸して下さいって言わなかった俺のせいじゃん」

「2人とも嫌な思いさせてごめんな」

これしか言えなくて、家帰ってからも後悔と悲しさで部屋で泣いた。

次の日会社に行った。忙しくて休める状態じゃなかったので。

でもやっぱどんなに明るく振舞っててもバレるもんなんだよな。

昼にB男に「どうした?何かあったか?」って心配された。

B男は昨日食事会あった事も事前に話してたから

彼女と何かあったのか心配したらしい。

あったことを全部話して「婚約破棄になりそう」って言ったら、

「そうか・・・俺が言う事じゃないけど、エンガチョしとけ」

「ほら・・・んで夜飲み行くぞ」

未だにエンガチョの使い方あってるのか分からんけど、ちょっと救われた。

その夜飲みに行ったんだけど、B男が「友達呼んでもいいか?」って聞いてきた。

断る理由もないし「構わないぞ」って言ったら

どこかに電話して何やら話ししてた。

しばらくしてやってきたのは、知らない同年代くらいの男だった。

それからB男が、ちょっと暗い話になるけど、最後まで聞けと言って話だした。

知らない男(C助)はB男の友人で、A美と同じデパートで働いてるらしく

俺から話を聞いたB男が今日のA美の様子を

さりげなく聞いてやろうと思って電話したらしい。

B男の思惑では、A美が仕事休んでたら、

落ち込んでる可能性有り=復縁有りかもの作戦だったと。

そこで、まずC助に連絡取って「A美を知ってるか?」と聞いたところ「知ってる」と。

▼ 次のページへ ▼

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

修羅場カテゴリの最新記事