俺『日曜日デートしない?』彼女『用事があるから…』とデートを断られたのに、当日オジ様と寄り添いながら歩く彼女を発見!!←スパイ気取りで尾行してみた結果…

俺『日曜日デートしない?』彼女『用事があるから…』とデートを断られたのに、当日オジ様と寄り添いながら歩く彼女を発見!!←スパイ気取りで尾行してみた結果…

引用元:http://love6.2ch.net/test/read.cgi/ex/1222095532/
 

先々週日曜日

彼女をデートに誘うと用事があるからと断られ

暇を持て余した俺は

来週にせまる彼女の誕生日プレゼントを物色しに

一人で出かける事にした。

指輪かネックレス、服がいいかとあれこれ

ウィンドウショッピングを楽しんでいると

ガラス越しに彼女の笑顔が。

一声掛けようと店内に向かう途中で、

その隣にいるのがスーツを纏ったダンディな

おじ様が彼女の腰に手をまわしているのが見えた…

こいつぁあスクープか!?と思い

俺はスパイにでもなったつもりで二人を尾行。

ホテル街へ寄り添って向かう二人。

ホテルへ入る二人を目の当たりにして軽くショックを受ける俺。

あのおじ様は、きっと彼女の叔父様なんだと

思いこもうとしてたけれど、浮キ確定。

俺は彼女のプレゼントにあてるつもりだった金で

カメラのキタムラで念願の一眼レフデジカメと望遠レンズを購入。

カメラとレンズを入れるバッグはおまけで貰えたw

向いのホテルへ向かい、現場の見える部屋を物色。

一人でホテルへ入り、窓を少し開け

カメラを構えひたすら時間が過ぎるのを待つ。

そして待つこと2時間。二人は出てきた。

彼女の方からおじ様へ抱きつき熱いキス。

外でそんなことできる子じゃなかったと思ったのに…

つか、俺が外で冗談で乳触ったら

すげー激怒してきた彼女なのに、

おじ様にはキスを許すなんてと、大いに嫉妬。

キスシーンも抱きついてるシーンもしっかりとデジカメに収めましたよ。

すかさずチェック。ばっちり。

しっかりドアップで二人が特定できるほど写ってる。

そして俺は、念願のカメラを手に入れた嬉しさから

いろいろな写真を撮ろうと近くの公園に向かった。

接写モードで花を撮ってみたかったんだ。

花や小鳥、風景を撮りまくって

写り具合を確かめると彼女のキスシーンが。

少しへこみながらも花を拙者しまくってたら後ろから子供の声が。

▼ 次のページへ ▼

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

友達追加で更新を受け取ろう!

衝撃的な話カテゴリの最新記事

//---ここから //---ここまで