嫁の携帯に嫁友Aから電話が。俺「嫁は風呂だけど代わろうか?」A「え、旦那さん?後でかけなおさせてください」→次は仕事用の携帯にメールが・・・A「旦那さんが出たから気を付けた方がいいよ」

嫁の携帯に嫁友Aから電話が。俺「嫁は風呂だけど代わろうか?」A「え、旦那さん?後でかけなおさせてください」→次は仕事用の携帯にメールが・・・A「旦那さんが出たから気を付けた方がいいよ」

引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1325596137/
 

お互いの実家に2泊づつ泊りにいって、やっと今日の昼間に帰宅した。

嫁はよっぽど疲れたらしく、家に帰るや風呂を沸かして入っていった。

いつもは風呂でも寝るときも離さない携帯を置いて。

たまたま電話が鳴って、嫁に持っていってやろうかと思って携帯を開いた。

電話は嫁の親友から。もって行くまでに切れそうだったから、

そのまま電話を取った。

「もしもし、Aちゃん?嫁、今風呂入ってるからちょっと待って。」

何の気なしに出た。彼女にも何度かあったことあったしな。

Aちゃんは学生時代からの友人で、嫁の大親友だ。

結婚するときも2次会の幹事をやってもらったし、

お互いにほかの人には言えない話でも何でも相談する、って言ってた。

「あれ、、、え、旦那さん??」

いつもあっているときにはほがらかなAちゃんの声が微妙にこわばってた。

普段嫁の電話に出ることがないから、びっくりしたのかと、

特に疑問には思わなかった。

「嫁、まだたぶん風呂長いけど変わろうか??」

そう聞くと、慌てたように

「お風呂出たらかけなおしてください。てか、あけましてうんぬん・・」

と電話を切られた。

いつもよりちょっと他人行儀な内容に首をかしげていると、

嫁の仕事用かばんから、バイ/ブの音がした。

仕事用の携帯だ!!

なんとなく、このタイミングは、、と思った。会社の営業携帯だし。。。

きっとAちゃんなんじゃないかと思ったんだ。

件名はなし、

文面は。。。

ごめん。気になって電話したら、だんなちゃんが出たよ。

携帯、気をつけたほうがよいよ。後で電話して。

だった。

そのまま俺は嫁の携帯を手に取った。

嫁の受信メールには

ここ数日、Aちゃんからのメールが何通も来ていた。

直近のメールには

しょうがないよ、嫁ちゃん。

結婚してたって恋は落ちちゃったらしかたない!!

だった。。。

血の気が引くってこういうことをいうのね。

本気で立ちくらみがした。

▼ 次のページへ ▼

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

友達追加で更新を受け取ろう!

修羅場カテゴリの最新記事

//---ここから //---ここまで