親にムリヤリ見合いさせられたことが原因で大事なもの失ってしまった・・・毎日、後悔しかない。。

親にムリヤリ見合いさせられたことが原因で大事なもの失ってしまった・・・毎日、後悔しかない。。

引用元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1386670958/
 

自分の最悪の出来事を書く

事情があって、去年の秋に地元に帰って見合いをさせられた

自分は東京で働いてて、相手の子は自分の地元県の隣県に住んでいて

(といっても互いの実家は車で小一時間)

うちの父親の同業者の娘さんで、

しかも互いの母親同士が高校の同級生だった

第一印象は、ちょっと大人しめの可愛い子(26歳)

母親同士だけが煩いくらいキャーキャー盛り上がってて口をはさむ暇もなかったから

二度目は、こっちの帰省に合わせて

二人で昼食でも食べに行こうという話になっていた

だが、会話のテンポが壊滅的に合わなかった

自分も人づきあいは苦手なので、女の子が楽しめるような話術には欠けている

それでも何とか盛り上げようとしたのだが

「専門学校でどんな勉強してたんですか?」

「普通です」

「○○の仕事(彼女の勤め先)って面白いですか?」

「いえ」

「趣味は?」

「別にないです」

「学生時代、得意科目とか・・・」

「特には」

これを仏頂面ではなく、ニコニコした可愛い笑顔で、

ちょっと首をかしげた動作付きで言われる

そしてこちらから聞いたわけでもないのだが、

自分アゲ(言い方悪いが)エピソードを語りだす

「職場の上司や、窓口に来たお客さん、もう四人にプロポーズされたんです」

「でも皆さん、田舎の売れ残りの40~50代で、

 正直身のほどを知らない方たちなのかな~って思うんです(笑顔)」

「へ、へー、すごいね、もてるんだ!」

「そんなことないです」(ここで話終わり)

「東京でお仕事できるって、いいですね」

「同級生でも何人か都会に行っている子がいますけど、

 正直実力も学力もなくて運があるだけの子たちなんですよね~(笑顔)」

「(行った施設が臨時休館だった時に)こういうのって

 事前にネットとかで調べられるんですよ」

「あとは昔ながらの電話で問い合わせるという方法もあるんですよ(笑顔)」

とっとと断りたかったのに、

向こうはもの凄く乗り気だから話を進めたいと連絡が来た

▼ 次のページへ ▼

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

モヤっとする話カテゴリの最新記事