話し合いから逃げてフ倫相手のところに逃げたヘタレ旦那とそのままリ婚。偶然再会すると・・・元旦那「君といたら今僕はこんなに幸せだったのか」←知らんがな。

話し合いから逃げてフ倫相手のところに逃げたヘタレ旦那とそのままリ婚。偶然再会すると・・・元旦那「君といたら今僕はこんなに幸せだったのか」←知らんがな。

引用元:http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/live/1207409988/
 

リ婚前は、確かにうまくいっていなかった。

でも、話し合いのひとつもなく、自分は浮キ相手の所に行く。

つまり逃げるんだよね、嫌なことから。

話し合いって、面倒くさいから。

その事を相手に伝えたら、

「わかっている、逃げるのはこれが最後」とか言っていた。

「出会った順番が違っただけだ」とも。

まあ、全部ありきたりのロミヲだよね。

で、その後。

久方ぶりに顔を合わせたと思ったら(お互い夫婦連れ)、

今の奥さんをほっといて、 「君は今どうしてる」だの(ほっといてくれ)、

「現旦那と結婚したのはどうして」だの(関係ないだろ)

「あの時あのまま君といたら今僕はこんなに幸せだったのか」とか

(そうか? 私は不幸だが)

「君にはこんな一面があったのか僕は少しもしらなかったとか」

(そうかそうか、残念だったね)

こういう歯の浮くような台詞をボツリ、ボツリと呟いていた。

しょっちゅう付きまとうように傍に来ながら

(私は途中から現旦那から離れないようにしていた)

その後、共通の古い友人の一人から聞き出したらしくメールが届き始めた。

皆さんご想像通りのやつっす。

 

「君はいつも僕のことを思ってくれていた

 いろんな事に耐えて、両親にも笑ってくれていた

 君の良さがわからなかったなんて、僕はどうかしていた・・・・・ 」

まるっと無視してるけど。

誰かが言ってたように、この元旦、誰と結婚しても同じで

ある意味結婚不適格者なんだと思う。

人と向き合って何かを作り上げる強さがない。

人と向き合うと、自分の内面も見直さなきゃいけないから、

これってけっこうしんどいもんね。

でも、このしんどい作業がないと、自分の家庭なんて作れない。

下宿屋じゃないんだから。

最後に、ロミヲになる男はすぐストーカー化する。

これも定説だけど、うちの元旦も見事にストーカー化しかけた。

現旦那にあっけなく撃退されたけど。

エネ夫、元エネ夫持ちのみなさん、ご用心なされ。

再会(この表現も嫌だが)後、元旦が私の仕事場で待ち伏せしてた。

▼ 次のページへ ▼

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

友達追加で更新を受け取ろう!

修羅場カテゴリの最新記事

//---ここから //---ここまで