祖父の遺書には母への多大な感謝と「財産を全て〇〇さん(母)に」しか書いてなかった…祖母「30年にも渡って両親や祖父母を介護した自分に対する言葉はないのか!!」と大激怒。。

祖父の遺書には母への多大な感謝と「財産を全て〇〇さん(母)に」しか書いてなかった…祖母「30年にも渡って両親や祖父母を介護した自分に対する言葉はないのか!!」と大激怒。。

引用元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1534583022/
 

長年病でふせっていた父方祖父が先月他界しました。

亡くなった事で祖父が祖母や父達に秘密で書いていた遺書が出てきて

それには母への多大な感謝と遺産は母に相続してほしい

という内容が書かれていた事で揉めています。

祖母や父達には1円も相続させない!という訳ではなく、

遺留分(こういった事に詳しくないので言い方が違ったらすみません)など

法的にもらう事が決められているもの?は当然もらってくれと。

そういった諸々を差し引いた残りを母に相続させるという事でした。

(母の名誉のために先に書いておきますが祖父と母の間に変な関係はありません)

この内容に祖母が大激怒で話し合いの席では

母に掴みかかったりして大騒ぎでした・・・

「財産を全て母に」という所ももちろん腹が立ったのでしょうが

それ以上に遺言に書かれている大半が

母に対する感謝の言葉ばかりだった事が逆鱗に触れたようです。

「30年にも渡って両親や祖父母(祖父の親と祖父母)を介護した自分に対する言葉はないのか」

と泣き崩れていました。

あれ以来ずっと仲の良かった母と祖母は家同士の行き来も無くなり、

道ですれ違っても声をかけないどころか目も合わせようとしません。

どうすればお互いの仲を取り持つ事が出来るのでしょうか?

また今までのように仲のいい2人に戻ってもらいたいです。

>>それは無理でしょう

 夫親族の世話に30年を費やし支え続けたのを無かったことにされてしまった人間が

 自分への感謝はそこそこに夫の世話をしたというだけで

 非常に感謝されまくりの人に嫉妬しないわけがない

 「自分の人生」について考えたら虚しさと妬みで醜い生き物になってしまうだろう

>>お祖父さんやらかしちゃったね

 きっと自分の親祖父母の世話をしたのは見てたようで見てなかった、

 自分の世話してくれた事は身をもって知ってるから感謝したって事だろうね

 お祖母さんからしたらふざけるなって話だよ

皆さんありがとうございます。

多分誤解されてると思うのですが、母は祖父の介護には一切関わっていません。

祖父の介護は9割祖母、たまに父と叔母が手伝うといった感じでした。

祖父が感謝しているというのは祖母、父、叔母との仲を取り持ってくれた事です。

父達が子供の頃から仕事が不規則な時間の祖父のために敷地内別居だったそうです。

時間のある時には一緒にご飯を食べたりする事もあったらしいですが

それも月に1度あるかないかという状態で、

「子供達には親らしい事も家族らしい事もしてやれなかった」

と祖父は生前漏らしていました。

▼ 次のページへ ▼

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

相談系カテゴリの最新記事