ずっと会話もしていなかった父とコミュニケーションをとるようになったのはゲームがきかっけだった!そして父は無くなる直前までゲームに明け暮れていた…

ずっと会話もしていなかった父とコミュニケーションをとるようになったのはゲームがきかっけだった!そして父は無くなる直前までゲームに明け暮れていた…

ゲーム開始は2年程前だったか。

ゲームを渡すまでは俺と父、全然会話しなかったなーほんと。

あることをきっかけに、父とコミュニケーションとってみようと思ったんだ

しかし、突然話そうと思っても会話が思いつかない。

それに恥ずかしかったし。

んで、色々考えてて昔、誕生日のときに父にゲーム買ってもらったこと思い出したんだ。

押入れの中を必タヒで探して、旧型のスーファミ、見つけたんだよな。

なぜかこの時、わくわくしてたんだよね、俺20歳越えてるのに。

んでその日の夕方、家族で食事してるときに声かけてみたんだ

「あのさ・・・父さん」ってね、すごいどもりながら。

何年ぶりだっただろうな、俺から話しかけたのは。

父はきっと俺のこと大好きなんだよ。

よく母から言われた。

お父さんがね、俺君の調子どうだ、とか、学校どうだって、聞いといてだって。って

よく母伝いに俺のこと気にかけてくれてたんだよね。

まー話さなくなったきっかけは割愛しよう。

長くなるし。

とりあえず、そんな父と会話がまったくなくなり、数年ぶりに会話。

父、相当嬉しかったんだろうな。

寡黙な父が急に、

どんなゲームだ?ゲームはわしにもできるもんなのか?

体力必要か?

なんてわけ分からん質問までしてきたんだ。

正直嬉しかったな、父と久々に会話できて。

少し心配してたんだ、スルーされるんじゃないか、って。

父はいつもなら寝る前まで風呂に入らなかったんだが、その日は飯もそこそこにすぐ風呂入ってた

俺君、さっさと風呂入りなさい。

お湯が冷めてしまうよ、なんて言ってるんだよね。

はやくゲームがしたかったくせに。

いや、ゲームなんてどうでもよかったんだろうな、

きっと俺と、会話したかったんだ。

「うるせー、俺のタイミングで風呂は入るんだよ。」とかいいつつもそっこう風呂入りました。

内心すげーうれしくて、にやけてる顔見られるの恥ずかしかったんだ。

風呂から出ると父は待ってましたと言わんばかりにテレビの前に向かっていったな。

テレビの前には座布団2枚置いてるんだよね。

それ見てる母も姉も嬉しそうに、こっち見ててちょっと恥ずかしかった記憶がある。

後で母に聞いたんだが、

父、俺が風呂入ってる間に

▼ 次のページへ ▼

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

自分語りカテゴリの最新記事