嫁に2000万円もって逃げられた

嫁に2000万円もって逃げられた

引用元:http://maguro.2ch.sc/test/read.cgi/tomorrow/1425648721/
 

俺の家は先祖代々続く畑作専門の農家だ。俺の代で6代目の

ちょっと歴史のある農家で畑の規模が25町くらいある農家だ。

俺の売り上げは4000万から5000万程度なのだが、規模拡大や設備投資、

農薬代や燃料代など経費ですぐに飛んでいく。

だから、手元に残るのが400万から500万くらいしか残らない。

もちろんこの中で生活をやらなくてはいけないから

一応不自由はないとおもう。今のところ…

嫁は子育てがあるといい、家の手伝いをしない。

息子は幼稚園に行っているのに…

まぁ幼稚園に行くことができない3才くらいまでなら仕方ないとしても

せめて息子が幼稚園に行けるようになって幼稚園に行ってる間だけでも

家の手伝いをしてほしいものだ。

家事は俺と分担してやっているが、俺が8割くらいやっている。

理由は息子の相手をしないといけないらしい。

家事は基本的に夜にやるから

息子のおもりは義父と義母に任せればいいのにと思う。

いい忘れていたが、俺と嫁は結婚してすぐに妊娠したから、

息子の年齢+1が結婚歴だ。

さて、じゃあ農業の話しでもしよう。俺の家にはトラクターが7台ある。

管理用が2台、畑を耕すやつ大きいのが1台、

収穫用が1台、汎用のやつが2台、ハウス用のが1台ある。

あとは機械だ。畑の管理に使う農薬散布機や畑を耕すロータリーと言う機械、

移植機やプラウと言う畑の土をひっくり返す機械、肥料を散布する機械、

堆肥を散布するマニアワゴン、育てた作物を収穫するハーベスターと言う

機械など合計で10台では利けないほど機械がある。

ちなみにショベルカーやダンプカー、ユニック、リフトなどを合わせると

もっとある。これはすべて必要だから揃えた。

必要なときはその時しか使わないがだからと言って持たないなんてはない。

その使うときになれば本当に必要になるから。

これを嫁はガラクタと言って俺に全て売ろうと話を持ちかけてきた。

確かにあの機械の中には年代物だってあるが、

ちゃんと整備すればまだ使える。

俺は勿論反論し、嫁を説得させ、話しを終わらせた。

言っておくが、農家にとって機械(農機具)と畑は生命線だ。

仕事をしている人からその仕事道具を奪うことは

仕事をするなと言っていることと同じことだ。

前に一度だけ嫁に機械がほしいからと相談した。答えはNOだ。

理由は機械ばかり買ってないで家族サービスしろ。と言うことだそうだ。

▼ 次のページへ ▼

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

修羅場カテゴリの最新記事