夜中に目が覚めると彼女と親友が見当たらない。「あん・・・はぁっ・・・(チュッ チュッ」←キッチンから聞こえる彼女の声・・・俺(トイレ行きたいんだけど!?)

夜中に目が覚めると彼女と親友が見当たらない。「あん・・・はぁっ・・・(チュッ チュッ」←キッチンから聞こえる彼女の声・・・俺(トイレ行きたいんだけど!?)

引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1329185578/
 

いつものように夕飯を食べてた

その日はたまにうちに遊びにくる親友の内の一人(仮に富山としておく)も

来ていて3人で鍋食べながら酒飲んでた

遊びにくるやつはよくいたので、二人だけじゃなくて数人でご飯食べたり

ゲームしたりするのは普通の光景なんだよね

鍋も食べ終わりテレビ見ながら酒飲んでた

俺はいつもよりペースがはやかったのでいつのまにかコタツで眠ってしまった

夜中に目が覚めた

トイレに行きたくて目が覚めたんだ

夜中の2:28を示すテレビの時刻表示をボーっと眺めながら

あー ねちまったかー トイレいきてー

でもさむいー コタツでたくないー などとウダウダしていた

異変に気づいた

あれ?二人どこいった?

キッチンの方から声がする

俺「あぁ、タバコでも吸いながら話してるのかね」

などとぼんやり思ってた 

部屋の中では禁煙だが、

キッチンの換気扇の下でのみ室内喫煙OKだったのでそう思ったんだ

コタツはLDKの中にあり、同じ室内なので

キッチ/ンにいる雰囲気と声がなんとなくだけど聞えてはくる

時間は2時32分になってた

位置関係としては、俺はコタツに首まですっぽり入って横になっている

で、足を伸ばした方向にカウンターがあり、

その向こうが換気扇のあるキッチンがある

二人が話しているような声は聞えるが、なにを言っているかは聞こえない

俺(あー、俺もトイレいってタバコ吸うかなぁ・・・)

「ぁ・・・んふぅ」みたいな小さな吐息が聞こえた

彼女の声だ

俺(ため息・・・か?トイレいきたいけどコタツでたくないなぁ)

などとまだうだうだコタツの中の俺

チュッ チュッ あ・・・ん

吐息混じりに聞こえた

俺(あー、ため息じゃないわ キスしてるわ って、は?)

俺(は?なんでそんな声出してるの?キスしてるよな、それ。

おいおいおい まじかよー トイレ行きたいのに、いけねぇじゃんか)

時間は2時34分になってた

その後も、キスをしている様子が音でつたわってくる

▼ 次のページへ ▼

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

修羅場カテゴリの最新記事