朝起きたら殴られたボクサーみたいな女がいた。妻『化粧してない、ごめん』俺「妻じゃない!!!」 → ご飯は何にでも酢。ティラミスにも酢をかけるメシマズ嫁・・・

朝起きたら殴られたボクサーみたいな女がいた。妻『化粧してない、ごめん』俺「妻じゃない!!!」 → ご飯は何にでも酢。ティラミスにも酢をかけるメシマズ嫁・・・

引用元:http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1371080526/
 

朝起きたら家にもたいまさこみたいなババアがいた

ちなみに結婚2年目で30歳の嫁と2人暮らし

思えば交際中から嫁はいつも化粧をしてた

旅行に行っても俺より早く起きて化粧済み

寝る前は俺が寝るまで化粧は落とさない

だから温泉旅館に行っても大浴場以外に部屋風呂がないところは泊まらない

ギャル系とまではいかないが、結構しっかり化粧してた

しかし今朝起きてダイニングに行ったらババアがいた

「寝坊したからノーメイクでごめん」とババアは言う

俺の妻ではない

本当に別人だと思って固まったが、ババアから発せられる声は妻の声

パッチリした二重まぶたではなく、ナグられたボクサーみたいな顔

ちょっと離れて確認したら、ハニワみたいな目だし あれは俺の妻じゃない

出会った頃から黒いコンタクト入れてたけど

あれ外すとあんなに別人になるのか?

正直、今まで通り愛せる自信がない

そういえば中学生以降の写真は見せてもらったがギャルだった

中学も高校も化粧が濃くて変わってなかった

会社の先輩に早速相談したら、先輩の奥さんもいつも化粧してるって

化粧落としたくないが為に出産の時もギリギリまで病院行かなくて

病院着いてすぐ化粧したまま分娩室行ったって

それが奥さんの計画通りらしい

離婚とまではいかないけど、

正直自分の体からサーって血の気が引いたのを実感した

俺は結婚してから本当に仕事を頑張ってきたけど

こんなブスを養ってて、これからも養うのかと思うと考えてしまう

化粧してランクアップする程度なら努力かもしれないが

うちの嫁は詐欺レベルだ

俺の容姿は接待で行く飲み屋では大沢たかおに似てると言われるが

周りの人間には安田大サーカスの団長に似てるらしい

イケメンではなく平均的だが隠し事はない

そもそも好きで好きで結婚したわけじゃない

なりゆきとは言わないがズルズルと話を進められた

本当はもっと好きになれる女性と出会ってから結婚したかった

嫁が27の時に向こうから寄ってきて付き合い始めたが

27からの貴重な2年間を奪って別れたいなんて許さない

挙げ句仕事から帰ったら家に嫁と嫁姉がいて

責任取れと騒がれて抵抗したけど受け入れてもらえず

丸め込まれるように結婚してしまった

結婚まではいろいろあったけど 他に好きな女がいたわけでもないし

まあこんなもんかなと思ってたけど

素顔を見てしまった以上もたいまさこを養っていく自信がない

>一緒にお風呂にも入ったことなかったんかw

入ったことない

俺が帰宅すると髪が濡れてるので風呂は入ってるはずだが化粧はしたまま

俺が寝てから落としてる

佐々木希に似てるとは言わないが

佐々木希をはじめ、最近のモデルはみんな同じような化粧だろ?

みんなぱっちり二重まぶただし うちの嫁もあんな感じだ

お姉さんも同じ顔だから疑ったことがなかった

後出しの情報で悪いが、ついでにかなりのメシマズ嫁なんだ

>そんなに嫌ならさっさと離婚しろよ できるんならな

別れたかったから頑張ったんだ

夜も寝れなくなって最後は胃潰瘍で入院した

心も体も弱りきって、もう逃げられない運命だと思って観念したんだ

あの時もっと頑張って、慰謝料払ってでも別れればよかった

>メシマズのエピソードを熱く語ってくれたら、

>もっとあなたに同情できるようになるかもしれない。

なんか料理が全部酸っぱいんだ なんでもかんでも酢をかける

甘酢あんかけみたいな酢じゃなくて 昔からあるミツカン酢みたいな純粋な酢

あれをダバダバかける

チャーハンにも酢 ラーメンにも酢 唐揚げにも酢

和食の煮物にも焼き魚にもソース焼きそばにも酢

以前は自分の皿にだけかけてたが

俺が頑なに拒否してたら皿に盛る前にダバダバかけるようになった

味覚障害を疑って病院連れてこうとしたら泣いて暴れたので諦めてる

メシマズを理由に離婚も視野に入れるかも

あまりに酸っぱいものばかりで堪えられない

広島に出張に行った友人に頼んで

俺が大好きなメーカーの尾道ラーメンを買ってきてもらったが

酢を回避して自分で作ったのに食べる直前に酢攻撃された

その時はボコボコにナグりたい気分だった

口で責めても「美味しくなるじゃん(笑)」

以来嫁の料理を食べたくなくて いつ接待だから夕飯いらないと言ったら

嫁も作らなくてラッキーだったらしく、以後作らなくなった

夕飯は、なか卯・吉牛・すき家・はなまるうどん・マックのローテーション

経済的に定食屋は少々厳しい

会社の後輩が毎日嫁さんの豪華な手料理をFacebookにあげてる

レストランみたいな手料理で実際美味いらしくて心底羨ましい

そういえばうちの嫁は掃除もろくにしないや

化粧してる時は可愛い

鈴木えみっていうモデルに似てるとよく言われている

あとは週に2回くらい洗濯してくれてる 掃除は基本的に俺の仕事

>ATMの可能性もあるから、おおまかな年収か職業教えてくれない?

平均年収よりは若干高いと思う

社名は書けないが、研究職で半導体の開発と研究をしている

嫁は働いてません 結婚する時、義母から

「うちの大事な娘を家事とパートでボロボロにしないでちょうだい、専業主婦で」

と言われてるので事実上ニートみたいなもんです

俺は嫁のせいで胃潰瘍になって入院したのに

義実家では入院した俺を嫁が甲斐甲斐しく看病したと認識してるらしい

子供を作らなかったのも、

子供ができたら本当に一生離れられないと潜在的に思ってたからかも

「おまえの嫁さん可愛いよな」

と言われる唯一の誇りが崩れて、そもそも愛してないことに気付いた

化粧を落とした顔にビックリというより

ギャル系の嫁がもたいまさこに入れ替わった感覚で帰宅するのが怖い

嫁が一度だけ愛妻弁当作ってくれたことがあったんだけど

見た目は白飯と冷凍コロッケだけ

タッパーの中で米が泳ぐほど酢で満たされてた

社員食堂で蓋開けて軽く異臭騒ぎになった

何から何まで酢まみれだから 嫁の手料理を食べてた頃は、ずっとムセてた

毎日長時間ムセてたから、慢性的にみぞおちあたりが筋肉痛だったな

生涯なか卯や吉牛で夕飯食うなんてごめんだよな

やっと気付いたよ、ありがとうございましたm(_ _)m

嫁はいつもお茶漬けみたいに酢かけて食ってる

お茶漬けもお茶じゃなくて酢をかけてる

味噌汁も特濃に作ってから酢で薄めるし

コーンスープもポタージュもダバダバ入れる 焼酎も酢で割って飲んでる

酢をかけないのはコーヒー紅茶などの飲み物

唯一酢をかけない食品はプリンだけだ

(ティラミスやエクレアにはかけてる)

うちにはでかい瓶の酢が箱買いで置いてある

ネタじゃないんだ

俺だって現状が夢だったらどんなに幸せか

あの日以来、なんと嫁が化粧をしなくなった

さりげなく聞いたら「もうバレたから必要ない」と

まあ化粧はどうあれ、今後の二人の生活を話し合いたい

このまま毎晩吉牛の生活も続けられないので、

酢を入れない料理は作れるかと聞いたら

酢で美味しくなるのになぜわからない?俺の味覚がいかれてると言われた

で、土曜日に離婚を切り出した

わめいて応じなかったので、独身時代に俺が個人的に貯めていた

500万の貯金からも半分をやるので別れてほしいと頼んだら

なんと貯金が使い込まれて、残高がゼロだった

厳密に言うと最終残高が32円になったので、その32円は嫁の個人口座に振込み

完全にゼロの状態にしたと

結婚直後、嫁が貯金が得意だと言うので

生活費は35万、ボーナスは100万以上渡してきた

元々の500万に加えて、毎月相当貯めてるだろうと思ったら、完全にゼロ

先月車の部品で8万の出費があったので、嫁に言ったら出てきたのだが

その8万もキャッシングして作った金だと判明した

離婚には応じない、してもいいけど養育費を今まで通り35万振り込めと騒ぐ

ちなみにうちには子供はいない

泣いて騒いで暴れてらちがあかないので、一旦ファミレスにでも避難しようと

玄関で靴を履いていたら、後ろから俺のギターで頭をナグられた

独身時代に買ったホワイトファルコン、自分にとっては高額なギター

そのまま病院に行き、手当を受けて診断書ももらい

頭をナグられたので、念のため検査入院 昨日警察にも一応被害届を出した

昨日はビジホに泊って、最近離婚をした従兄弟に紹介してもらって

離婚に強い弁護士さんを紹介してもらい、今日の午前中に面談して

正式に介入してもらうことになった

なぜか嫁が不在なので、荷物をまとめに来て終わったところ

ギターは直るなら修理しようと思ったけど、ベランダで黒焦げで発見された

後頭部を7針縫う怪我をして、縫った部分がハゲててかっこ悪いけど

間違いなく離婚できるとのことなので頑張ります

独身時代、すごく憧れてた車があって、一生懸命貯金してた

友達の友達がその車を買ったので、運転させてもらったら

全然良いところがなくて、長年買いたかった気持ちが失せた

▼ 次のページへ ▼

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

友達追加で更新を受け取ろう!

修羅場カテゴリの最新記事

//---ここから //---ここまで