娘(21)「彼と結婚したい」彼氏(45)「初めまして」俺(44)『俺と同い年・・』彼氏「同棲するので家賃と生活費だしてもらえますか?」

娘(21)「彼と結婚したい」彼氏(45)「初めまして」俺(44)『俺と同い年・・』彼氏「同棲するので家賃と生活費だしてもらえますか?」

引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1460445291/
 

わりと死にたい

どうやったら阻止できんのよこれ

成人した子供の結婚を差し止めとかできないの?

娘は21 おっさん45 俺と妻は同い年で44

親より年上連れてくるとか最近はよく聞くけど

まさか自分の娘が連れてくるとか思わんだろ

似たような境遇の人おらんの?

そのうち弁護士にでも相談しようかとマジで悩んでる

ちなみに娘は長女でその下に二人息子もいるんだけど

長男は爆笑しながら結婚に賛成してて頭にゲンコツしちまった

二人とも就職してて結婚した後にできた娘なんだよ

自分達が同い年で結婚したからかもしれないけど、

極端な年の差婚が生理的に受け付けない なのに娘が

あああああああああ

>心理学的には、父親からの愛情が乏しかった女性ほど

>年上の男性に憧れるというのだが… (´・ω・`)

ぶっちゃけそれ言われるとずしっとくる

一人娘が可愛すぎて、でも嫌われたくなくてあんま会話はしてこなかったから

下手なこと言って嫌われたくなかった

あのさあ、このおっさんもさあ

正直すごい格好よくて金持ちで、若い女が惹かれるのも仕方ないって感じなら

まだ百歩譲って分かるんだけど

本当に普通の、しかも若干てっぺんハゲの萎れたおっさんなんだよ

おっさんの職業聞いたあとでこっそり平均年収調べたら300万って出たんだが

顔も見たくないし顔見ながら飲んだら確実に吐く

失礼ですがご結婚された経験は…?って聞いたらさ

いや過去に付き合った女性はおりませんって返されて何も言えなかった

これでテクニシャンって線は無理あるだろ

娘も正直言ってしまえばそこまでモテるタイプじゃない

本人もおっさんに会うまで、

弟以外の男とまともに話したこと無かったって言ってたし

でもこの人とはリラックスできて話せるんだとよクソがああああ

>リラックスして話せない誰かさんとは大違いだな

やめてください

いや俺だってこれで相手がせいぜい10歳くらい上の男だったら

諸手上げて応援したよ 妻ともかねがねあの子はこれから

男の子と付き合えるだろうか結婚できるかなって心配してたし

よっぽどアレな奴でなければ俺の方から飲みに誘おうとか思ってたし

歓迎するつもりだったよ でもお前らも自分より年上のおっさんが

娘とイチャイチャしてるの想像してみろよ気狂いそうになるぞ

挨拶きた時平然と菓子持ってきやがったけど俺は糖尿なんだよクソが死ね

でもこれはあれか反対されればされるほど燃え上がるやつなのか

出会いは?って聞いたら娘が働いてる職場(接客業)の常連だとよ

でも娘が働いてる店ってアロマ雑貨専門で売ってる店なんだよ

そこの常連の45のおっさんって何だよ

これは妻も時々娘に会うついでに買いに行ってるし本当

人格は一回会っただけだから全貌は分からないが

45のくせして凄いオドオドしてるとは思った 口調もカミカミだし

女性と付き合った事ないってのもうなずける

物の言い方は噛みまくりだけどくだけすぎてはいないからまあ普通

>興信所やとっておっさんの周りを洗いざらい調べろ

費用がきついなと思ったが娘の為なら惜しくはないな 検討する

だな。すぐ頼む事にする

>もしなんか出てくればそれを正当な理由に反対できるし

>出てこなかったとしても貯蓄額や収入、過去の借金なんかまで分かるし

ここまでのレスで一番タメになる話ありがとう

過去の借金まで知れるのはでかいな

妻は相手の年齢知らなかった時は娘が彼氏を連れてくるってだけで超喜んでて

「相手がちょっとくらいチャラい人でも頭ごなしに叱らないでね!

優しくね!」なんてはしゃいで俺に言ってた

俺も「わかってるってwそんな怒ったりしないからw」って

二人でキャッキャしてた でもいざ連れてこられて45歳です、という会話が

なされた瞬間からかなりトーンダウンしてる どうする?って聞いても

「ちょっと…一回考える…」つって暗い顔のままさっき犬の散歩に出た

ちなみに上で言った弟二人は自室待機してて、

最後にちょろっと挨拶したくらいだったけど

長男(マイルドヤンキーで娘と仲悪い)はオッサンの顔見た瞬間に噴出

おっさん帰った後でやべえ!くっそ笑える!

はよ結婚すればいいじゃん!wwwて大笑いしだしたから思わずナグった

次男は至極どうでもよさそうだったけど「介護とかすぐするんじゃない?

ねーちゃんそこ考えてる?」って一番理性的な会話してたな

小さい時の娘がさ 俺が一人で風呂はいってる時に

タオルとパ*ツ持ってきてくれた事あったんだよなあ

妻がいつもやってる事真似して

タンスから適当に選んで持ってきたんだよ

「お父さん、あい」って風呂上がった俺にタオルくれてさあ

俺嬉しくて、娘かわいすぎてさ はあ

涙とまんねえよ死にたい

おっさん帰った後で俺と妻と娘の三人で話した

これからの長い人生、順序的には確実におっさんが早く死ぬし、

それまで蓄えを作らなければお前は生活に困る

おっさんが死ぬまでの介護をやりつつ、

もし子供なんかできてたらそれこそ危機的状況になるぞって言ったんだけど

「そんなの若い夫婦でも事故や病気で死ぬ可能性はあるし考え方が極端すぎる」

「介護なんてまだまだ先の事。

世の中の人は何だかんだで介護も子育ても両立してる」

そんな頑なで世間知らずすぎる内容に俺頭くらくら

とにかくお父さんは反対だからと念押ししておいた

そもそも介護と育児両立してる人間なんて身の回りにいないんだが…

年収を直接は聞いてないけど職業名で調べたら平均300くらい

俺の泣き落としか…

娘が小学生だった時に一緒に見たクイールって映画で二人並んで泣いたな

あれ以来一度も泣いたとこ見せた事無いし、

俺なんかの涙でもまだ訴えかけれるだろうか

ちょっと、というかだいぶ恥ずかしいけど

こうやって文字にすると我が娘ながら頭お花畑だよな

昔やんちゃな彼氏連れてきて付き合いを反対した友人が

「最初は男にばかり苛立ちが向いたけど、

最終的には一周まわって娘の見る目の無さと、娘を育てた自分に落胆した」

って言ってたの思い出した 俺もまさしく同じ回路辿りそう

>もっと若くていい男紹介してやれば?

若くていい男か

娘は昔からいわゆるイケメンって類の男に興味ないっぽかったんだよな

芸能人の話もほとんどした事なくて 妻には時々

「かっこいい人より私の事だけずっと好きな人が欲しい」と言ってたんだと

それがおっさんなのか…だめだやっぱ認めたくない

もっと若くて純朴な(童貞でもいいから)男の子に迎えに来て欲しい

おっさんの職業は大きく言えば営業職だな

妻が散歩から帰ってきてた 犬の足洗いながら

「考えたんだけど…私やっぱり**(娘)が結婚しても

式とかは出たくないかもしれない」って呟いてた

母親がここまでナーバスになるってよっぽどじゃないか?

もし孫が生まれたらって考えたけど

そりゃきっと孫は可愛いだろうし可愛がりたいよ でもその父親として

あのおっさんが付録で付いてくる気持ち悪さに耐えられるか自身がない

そして最低なことを言ってしまえば

孫をみるたび「あのおっさんが娘に手を出した証なんだよな」

って気持ちになってしまいそうでこわ

>自分の娘や息子が自分と同じ年の相手を連れてきたら

>どう思う?と聞いてみたら?

子供がいない今の状態でも想像できるかな?

でもまた明日三人で話し合う事になってるし聞いてみる

うーん娘も相当説得材料をあれこれ考えてくるだろうけど

正直俺の中の拒否反応強すぎて丸め込まれる気がしないわ

妻も乗り気じゃないから娘側の味方いないし

もしかしたら賛成して丸く収まった方が平和なのかもしれないけど

やっぱり、どうしても無理

娘が中学に入ったくらいから上手く話せなくなったんだけど

娘は時々一生懸命俺に話振ってきてた気がするな…

今時な流行の話なんかは俺が分からないからさ、

ニュースで見た経済の話とか事件とか…

こいつ難しい話するなー変わった子に育ったな、なんて思いながら、

何故か意識しすぎて上手く会話できなかった

これも昨日妻に指摘されて反省した点だわ

でも共通して好きな物の話は時々できてたんだよ 特に犬の話

お父さんは何犬が好き?って聞かれたから柴犬って言ったら

かわいいよねえ〜私も柴一番好き!ってさ 可愛いのはお前なんだよなあ

何で俺も素直にその場でそれ言えないかなーー

でも言ったらキモがられると思って言えなかったんだよ

ごめんさっきから辛すぎて過去の良い思い出ばっかり思い出してしまう

ちょっと席外して落ち着いてくる

妻がふさぎこんでて自室から出てこないから俺が夕飯作ってたわ

興信所も調べてた

家族が調べるとなると最低25万はかかりそうだな

俺のこづかい貯金から出すわ

夕飯用意してたら次男が降りてきて先に飯よそって食べてたんだけど

「普通長女の結婚話が出たら家族でお祝いに焼肉とか行くんだろうけど、

うちはお通夜状態だね」ってこぼしてた

なんか家族全員ばらばらになってる現状にまた悲しくなってきた

そういえばさっきおっさんと娘の交際期間書くの忘れてたな

▼ 次のページへ ▼

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

修羅場カテゴリの最新記事