子供を連れて失踪した嫁。半年間探したが見つからず勝手に離婚されていた。嫁両親「すでに他の男と結婚したよ」→貯金や家具も消えていて・・・

子供を連れて失踪した嫁。半年間探したが見つからず勝手に離婚されていた。嫁両親「すでに他の男と結婚したよ」→貯金や家具も消えていて・・・

引用元:http://life7.2ch.net/test/read.cgi/intro/1117424154/
 

さっき市役所で離婚が成立しているのを知って愕然とした。

してやられたとしか言いようがない。

嫁実家に電話したら、嫁はすでに他の人と結婚したから

今後一切うちに連絡をするなと。

ここまでの経緯を書こう。

嫁は(もう元嫁だな)は、10月の終わりに家出した。

朝、目がさめて2階から階下に降りたら、家財道具がほとんどなかった。

テレビも冷蔵庫もテーブルセットも、下駄箱も洗濯機もない。

俺が結婚前から使っていた家具調コタツだけが残っていて、

その上に署名捺印済みの離婚届が置かれていた。

嫁の携帯に電話しようとしたら、どこにも携帯が見つからない。

家の電話からかけようとしたら、何とその電話機がない。

とにかく着替えて、車で近くの公衆電話と思ったが

今度は車のキーがない。靴もない。はだしで外に出てみたら、俺の車がない。

嫁の車もない。

どういうことだ?これは夢か?俺は夢をみているんじゃないかと

何度も首を振ったりつねったり顔を洗ったりしたが、

目の前のがらんとした空間は現実だ。

我に返って隣家に行き、電話を借りようと思った。

が、電話番号はすべて携帯のメモリーになっていて

電話番号の控えてあった手帳も見つからない。

何故だ?何が起きたんだ?自問自答する数時間。

昨夜の嫁は機嫌が良くて、いっしょにビールを飲み

子供達が実家に遊びに行って居ないからと、

夜も明け方まで抱き合って眠ったはずだ。

ようやく自営の友人の店を思い出し、隣家で電話帳を借り電話した。

友人は30分ほどでサンダルを持って来てくれた。

何があったんだ?とがらんとした部屋を見て呆然としている。

とりあえず、近くのファミレスに行き、メシを食う。

ここで気づいたが、財布の中には現金1万円のみ。

カードも溜まっていたはずのレシートも小銭も何もない。

嫁が抜いたのか?それしか考えられない。

気の毒に思ったらしい友人のおごりで飯を済ますと、

友人の車を借りて嫁の実家へ。

居るはずの子供たちは来ていなかった。

嫁も子供もしばらく来ていないと言う。

状況を話したら嫁の母親も慌てふためいて、嫁の姉に電話してくれた。

姉も何もしらないようだ。連絡があったら俺実家に、と頼んで

実家に向かう。とりあえずお袋に金を借りようと思った。

実家について驚いた。俺の車がある。

家に駆け込み、K子いるのか!と叫んだ。

お袋が驚いて出てきた。K子ちゃんいないよ。

今朝起きたら車庫にあんたの車があったんで、

何事かと思って何度も電話したけど繋がらなくて心配してたところだと。

車の中に、俺の携帯と靴があった。

嫁の携帯に電話すると「現在使われていません」というアナウンス。

解約したのか?勤務先に電話を入れ、急用で今日と明日は休むと告げる。

思いついて、子供の幼稚園に行ってみた。

はじめかなり怪しんだ素振りだった園長が、免許を見せ

子供のプリクラを見せて俺の話を聞くうちに事情を飲み込んだらしい。

「お子さんは先週から来ていない。

一昨日退園の手続きを済ませて行かれました。」

一日中、心当たりを探し回った。嫁の気配はどこにもなく

時間だけが過ぎていく。警察にも行き、捜索願を出した。

夜、何もない家に返って、何もない部屋を見て現実を思い知らされた気がした。

打ちのめされたというのはこんな感じか?2階に上がってまた衝撃だった。

敷きっぱなしの布団一組を残して、タンスも鏡台も何もない。

俺のわずかな衣類が、畳の上に投げ出してある。

通帳もカードも印鑑も放り出してある。

200万以上あったはずの残高は…237円だった。

数日後、俺はこのアパートを解約し実家に戻った。お袋が毎日ぶつぶつ言う。

嫁実家からの連絡もなく、どこからも情報は入らない。

俺は普通に仕事をし、夜は嫁を探しまわって

疲れ果てて飲んだくれて無理矢理に眠った。

もしかして嫁と子供の行き先がわかるかもしれないと、

市役所の戸籍係に何度も行った。戸籍も住民票も動いていない。

ただ嫁と子供だけが消えた。事故でも事件でもない嫁の意思であることは

嫁のくせのある筆跡で書かれた離婚届が語っている。

ぼろぼろになって、それでも仕事だけは何とか続けていたつもりだったが

俺の様子はめちゃめちゃだったのだろう。

社長から辞めて欲しいと言われた。俺は素直に従うしかなかった。

母の勧めで、弁護士を尋ねた。弁護士の紹介で調査員を頼んだ。

数日後、調査員から「お手上げ」という連絡が入った。

年金暮らしのお袋にこれ以上の負担をさせるわけにもいかなくて

毎日ハローワーク通い。どうにか仕事も見つけ、毎日のリズムができてきた。

そして今日、離婚届を提出しようと住民課に行って

いぶかしげな職員に「もう離婚されていますよ」と告げられた。

届出の用紙を見せてくれと騒ぎ、駆けつけた弁護士の力で見せられた離婚届。

間違いなく俺の字で署名捺印されている。証人は嫁姉夫婦だ。

・・・思い出した。ずっと前、結婚したばかりのころに嫁の浮気がわかり

離婚だ!離婚する!と、離婚届を妻に渡したんだ。

何故いまこれが?

弁護士は、落ちついたら事務所に来て下さいと帰って行った。

俺は家に帰り、今コレを書いている。

俺はこれからどうすればいいんだろう。

何でこんなことになったんだ?嫁はどこにいるんだろう。

すべて事実で、俺は今かなり凹んでいる。

酒でも飲むか、外で暴れるか。いかん、通り魔になりそうだ。

遅刻して仕事に行くつもりだったがもうやめた。今日は休む。

思い当たることといえば、嫁が失踪するちょっと前に、

お袋が嫁に言った言葉かな。俺のいないところでの話なんだが。

「子供が*に似てない。DNA鑑定をしなさい。お金は出してあげる。」

つまり、子供のどちらかか両方が俺の子供ではなかった可能性がある。

二人とも嫁に似て目のパッチリしたジャニ系で、

近所でも保育園でも評判だった。男の子は母親に似てるってよく言うから、

俺に似てなくても気にしたことはなかった。

そんなのお袋の思い過ごしで、嫁が爪の形とか耳の形が

俺に似てるって言ってたから。

嫁はお袋の言葉でバレてしまうと思ったのか?

たぶん男がいたんだろうと思う。家具を運び出すにしても、

車のことにしても嫁一人では絶対に出来ない。

探偵は頼んだが、見つけられなかった。

今なら何とかなるかもしれんので、後で弁護士のところへ行くよ。

ありがとう。何とか食ってるが、半年で8kg痩せた。

ちょっとカッコ良くなったと妹に言われたよ。

眠れないので、心療内科の医師に睡眠剤を処方してもらっている。

最近はかなり眠れるようになったんだが、今夜からまた眠れないかもな。

警察の話だと夫婦間で窃盗は成立しないらしい。

嫁が勝手に俺の財産を使っても、民事の範囲だ。

嫁の男グセの悪さは知ってて結婚したんだ。

とにかく美人だ。スタイルもいい。露出の多い服が好きで、化粧も派手。

お袋は堅実な元教師だから、嫁のことが大嫌いだった。

いつも俺のいないところでイヤな事を言うからと、

嫁には俺の実家に近づくなと言ってあった。

でも嫁はいつも言ってた。

「とらちゃんだけが私のことをわかってくれる。

とらちゃんがいなかったら生きていけない。」

朝帰りした嫁を責めるたび、あっさり「男といた」と白状し上のセリフだ。

DNA鑑定のことは、俺は知らなかった。

嫁が失踪した後に、お袋が言った。

お袋は、バレてハ/ダ/カで叩き出されるのが怖かったんでしょうと言っている。

最初はそんなことないと反論していたんだが、

すでに結婚しているということはお袋の推測が正しかったんじゃないのかな。

俺は俺が離婚届を出さない限り、夫婦であることに変わりないと思い込み

後生大事に離婚届を持ってた。

もしこれがなかったら、たぶん不受理届けを出している。

ダミーを置いて出ることで、不受理届けを回避したんだな。

嫁の頭でそこまで知恵が回るわけない。男がいると思う。

嫁姉は運転できるよ。嫁姉の旦那も嫁母もな。

しかし失踪当時の様子だと、本当に知らなかったっぽい。

俺は嫁を俺なりに愛していたと思うし

嫁も俺を愛していたと思っていた。

子供も可愛かった。

子供ができたといったとき、嫁はまだ高校生だった。

中絶するというのを説得し、嫁の親に土下座して結婚した。

遊びたい盛りに結婚したから、多少の遊びは大目に見てしまった。

朝帰りはしても、行為はしてないと言っていた。

料理が出来なくても仕方ない。

家事をしなくても、赤ん坊を俺のお袋に預けて遊びに行っても仕方ない。

まだ若いんだから、大目に見てあげてと言ったのもお袋。

中田氏というか、避妊具を使った。

そのときはまさか高校生だとも知らなかった。

そんな出来事も忘れかけたころに、嫁は友達数人と俺の仕事場へ来て

できちゃったからおろす金をくれと言ったんだ。

お袋は本当にお前の子かと、何度も言ったが、

俺は34歳で、嫁と知り合ったときは29才。

彼女いない歴=年齢のブサ男。

ちょっと苦しくなったから、少し休む。

逃げるようで悪いが。

バカをさらすよ。

▼ 次のページへ ▼

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

友達追加で更新を受け取ろう!

修羅場カテゴリの最新記事

//---ここから //---ここまで