バイト先の子『俺さんのことがずっと好きでした』俺『自分から好きになった子と付き合いたいから、ごめん(細い子が好きだし)』→1年後、驚くほど痩せて可愛くなって・・・

1年前の春に、バイトで大学生の女の子が入ってきた
柳原可奈子に似ていたから以下可奈子と呼ぶ
可奈子は明るくていつも笑顔でいたからすぐに周りに馴染んだ
俺は可奈子の指導係になったから
可奈子はバイト中は俺にくっついて仕事してた
俺もバイトの子を指導するのはこれが初めてだったから丁寧に教えた
しばらくしてから可奈子の歓迎会を開いた
歓迎会は楽しく終わって、帰りに店長に
「俺君、可奈子ちゃん送ってやってよ」と頼まれた
それで俺は可奈子と帰りのバスが同じだということを知った
バスの中で無言なのも変かと思って
「仕事慣れた?」とか「学校楽しい?」とか可奈子にいろいろ尋ねてた
可奈子はバイトするのがうちで初めてだったらしい
「俺さんが親切に教えてくれるから助かります」と笑顔で言われた
それから可奈子はちょっと黙ってから「俺さんって彼女いますか?」と訊いてきた
俺はそこでおや?と思ったわけだ
いないと正直に答えたら可奈子はちょっと嬉しそうだった
それから可奈子は俺に頻繁にメールを送ってくるようになった
うちの職場ではバイトも含めてクルーはみんな
連絡先を共有するのが普通だったから、
可奈子も当然俺のアドレスを知っていた
内容は仕事のことだったり雑談だったりで、
正直メールする必要のあることかと思うような内容もあったが別に俺も苦ではなかった
ここらへんで俺の予想はほぼ確信になっていた
可奈子は俺に気がある、そう思っていた
可奈子に試しに
「矢田(矢田亜希子似の大学生バイト)ちゃんって彼氏いるか知ってる?」
とか訊いてみると返信がちょっと元気のないような感じになっていた
他にも「彼女欲しいなー」とかメールすると
「作らないんですか?」とか「気になる子いないんですか?」とか返信が来た
今まで彼女ができたことなかった俺でもすぐにわかった
可奈子は俺のことが好きだ俺はその頃には確信していた
最初にも書いたが可奈子は柳原加奈子にそっくりだった
顔だけじゃなくて体型もな、つまりデブだったわけだ
だから可奈子にもし告白されても俺は断るつもりだった
可奈子は確かにいい子なんだが、
それはあくまでも後輩とか妹とかそういう感情であって
異性として可奈子を見ることはできなかった
でも何であれ誰かから好意を持たれることは嫌ではない
むしろ今まで誰かに好かれたことなんてなかったから嬉しくもあった
今思えばこの頃が一番俺も可奈子も幸せだったのかもしれない
そんな時間を壊したのは可奈子だった
可奈子が休みのときに、矢田に「俺さんご飯奢って下さいよww」と言われた
それで俺は「じゃあ今度休みのときなw」と言ったのだが
何と矢田がそれを可奈子に言ったらしい
その夜に可奈子から「矢田ちゃんのこと好きなんですか?」とメールが来た
俺は「そういうのじゃない」と言ったのだが可奈子は疑っているようだった
そして最後に「明日話があるので俺さんの仕事終わるまで待ってます」と言われた
何となく嫌な予感がしたが俺はそれをOKした
翌日、宣言通り可奈子は俺が仕事を切り上げるまで待っていた
可奈子も人の目を気にしたらしく、
「外で時間潰してるので終わったら教えて下さい」とメールが入っていた
仕事が終わってから可奈子に連絡を入れて近くのコンビニで待ち合わせた
「車でファミレスでも行くか?」と訊いたが、可奈子は「ここでいいです」と言った
そして可奈子は「俺さんのことがずっと好きでした」と言った
俺は断るつもりだったのだが、そのときにはすぐ言葉が出て来なかった
「ついに来たか」という思いでいっぱいいっぱいになっていたんだと思う
可奈子は俺が無言だったことで何か察したのか
「返事はいつでもいいので帰りますね」とひとりで先に帰ってしまった
多分声が震えていたから泣いていたんだと思う
家に帰ってから俺は可奈子にメールを送った
「可奈子のことはいい子だと思うけど付き合えない」
「俺は自分から好きになった子と付き合いたいから。ごめん」
みたいなことを送った
可奈子からはすぐに返信が来た
「わかりました、でもこれからも後輩としてよろしくお願いしますね」
みたいな、明るい感じの内容だった
罪悪感もあったけど、可奈子とは付き合えないと俺の中ではゆるぎない信念があった
それから可奈子は普段通りに俺に接してくれた
俺も可奈子がそんな調子だから、
俺に告白したのも冗談か何かだったのかなとか思っていた
でもそれから1ヶ月くらい過ぎた頃、
俺は可奈子が以前より少し痩せたことに気付いた
「何か痩せた?」と可奈子に訊いたら「最近運動がマイブームなんですよw」と言っていた
でも矢田に可奈子が最近痩せた気がすると話したら、
「可奈子、好きな人に振られたらしくてダイエット始めたんですよ」と教えてくれた
どうやら可奈子は俺に振られたことでダイエットに目覚めたらしい
まあ悪いことではないので俺もとくに何も言わなかった
可奈子はそこから少しずつだが確実に痩せていった
冬が来て、春になって、可奈子がうちに来てから
1年過ぎた頃には可奈子は別人になっていた
上手く痩せたようで、胸は以前通りなのに他はストンと落ちた感じ
髪も前は黒だったのに少し明るい茶色に染めて
パーマも緩い感じにかけていて可愛くなっていた
1年前の可奈子を知らない人が見たら「あの子すごい可愛くないか?」と思うくらい
俺はそんな可奈子を見て、段々好きになっていた
俺のために痩せて可愛くなったのかと思ったら可愛く見えて仕方なかった
でも可奈子は俺に振られた日から俺を好きだという素振りは見せなくなっていた
俺も俺で可奈子を振った負い目があったから、
今更、可奈子に「やっぱり付き合って」とは言えなかった
これは可奈子からもう一度告白してもらうしかない
そう思った俺は可奈子に
「最近彼女欲しくて仕方ないんだけど、どっかにいい子いない?」とメールした
これで可奈子は気付いてくれる、そう思った
でもなぜか可奈子から返信は来なかった
翌日、可奈子の様子がおかしかった
いつも笑顔で明るい可奈子だが、俺に対しては笑ってくれなかった
むしろ睨み付けるような、そんな表情ばかり浮かべていた
声も「あーわかりました」みたいな暗い感じで、あんまりいい気はしなかった
そんな態度が1週間続いたくらいに、夜矢田からメールが来た
「俺さん可奈子にそろそろ謝った方がいいんじゃないですか?」
と来て俺は訳がわからなくなった
俺が何をしたんだ?と思って矢田にそれを訊いたら
俺が送ったメールで可奈子が怒っているということを教えてくれた
可奈子は俺のことを無神経と言っていたらしい
可奈子が俺のメールをどう受け取ったのかよくわからなかったが
誤解を解いた方がいいと思って矢田に、
可奈子が振られた相手は俺だということ、
今は俺も可奈子を好きになったから付き合いたい
そんなことを説明した
矢田に協力してもらった方が手っ取り早く付き合えると思ったからだ
でも矢田は「自分で何で可奈子が怒ったのか考えてみてください」と返信してきた
矢田の協力は得られないようだし、可奈子が怒る理由もよくわからなかったから
これは適当に謝っておいた方がいいと俺は判断した
いつまでも可奈子があんな調子だと職場の雰囲気も悪くなるし
女はよくわからないところで切れるということを
ここで建てられるスレや女のレスから俺はよく知っていた
可奈子に「こないだはごめん」とメールしたが返信は来なかった
次の日可奈子に会ったが、やっぱり機嫌は直ってなかった
俺は一応謝ったわけだし
これ以上可奈子の機嫌を取るのもめんどくさかったから俺は諦めることにした
そのうち時間が解決してくれて可奈子のほとぼりも冷めるだろうと思っていた
そう思っているうちに半年近く過ぎた
先週、可奈子がやっと笑ってくれたんだよ
これは可奈子の怒りも冷めたんだなと思って夜にメールを送ったんだ
最初は雑談してて、可奈子もちゃんと返信してくれて
元通りになったんだなと俺は確信した、それで話が休日のことになった
以下、大体のメールの内容な
俺「日曜日とか寝てばっかだなー」
可奈子「どっか外出すればいいじゃないですか」
俺「でも一緒に出掛ける人いないし」
可奈子「誰か誘えばいいんじゃないですか?友達とか」
俺「友達みんな彼女持ちだから駄目だって。誰か一緒に出掛けてくれないかなー」
ここから可奈子の返信がなくなった
俺の予想としては「じゃあ私と一緒に行きますか?」ってなるはずだった
でも可奈子は返信してくれなかった
追撃するのも俺が可奈子のことすごい好きだと思われそうで嫌だったからしなかったんだ
そんなことを思っていたら可奈子から返信が来た
「私、彼氏と出掛けるので無理です」
俺は女を信じられなくなった
可愛くなったねって言えばよかったのか
それは考え付かなかったわ
自分から誘ったら、俺が好きみたいに可奈子に思われそうで嫌だったんだよ
振ったくせに痩せてから好きになったとか最低な奴じゃん
俺のこと好きだとか言っといて彼氏が出来たとか訳がわからない
なんか女って自分勝手だなと思って馬鹿馬鹿しくなった
しばらく恋愛事はいいかなと思ってる
 
何か俺いなくなってから誤解した流れになってるから
もう一回説明する
別に俺は可奈子を見下してるわけでも女を見下してるわけでもない
俺自身が見下されて生きてきたから、そこは人一倍気を遣ってる
ただ他のレスにもあったように、
メールの文面がそういう風にも受け取れるということはわかった
そこは俺も申し訳ないことをしたと思ってる
あと、俺が自分から可奈子にアタックしてないとか勇気がないとか言うけど
可奈子に誘いのメールを送ること自体が俺にとっては勇気を出した行為だったんだ
可奈子のこと好きになってからは会話もメールも緊張するようになったし
意識したらうまく話せなくなること、あるだろ?
俺が振り回されたと思ったのは
俺自身が好きな人ができたら最低でも1年以上は引きずるから、それが普通だと思ってて
でも可奈子は俺に振られてから1年もしないうちに彼氏ができたわけだ
付き合うまではそれ以前の付き合いがあるわけだから
可奈子は俺に振られてすぐに他の男に切り替わったわけじゃん
それは俺は信じられなかったんだよ
つまり、俺と可奈子の間で切り替えるまでのスパンにずれがあったから
そういう意味での「振り回された」ってこと
 
久しぶりです、あれからの話をします
可奈子と矢田が、他のバイト仲間に俺のことを悪く言いふらしたらしく
急に俺を見る周りの目が何かよそよそしくなった
それで俺は居づらくなりバイトを辞めた
それから何だかやる気が出なくなり家に引きこもるようになる
本当に何もせず、食欲もわかなくなり、ずっと寝るだけの日々が続く
寝ると言っても眠気もなく、寝付きも悪い
それで親が心配して病院に行くよう言ってきた
渋々病院に行くと、うつ病と診断された
それが2年前の今頃の話で、それからずっと治療を続けている
そして去年の冬頃から大分良くなって、
4月からパートで半日だけの仕事を始めることにした
友達とも連絡を取るようになると、ふと可奈子のことを思い出した
可奈子はどうしているのかなって思い
でも3年前のことが引っ掛かって直接連絡するのも憚られ
矢田に連絡することにした
LINEの友達候補で矢田のアカウントが表示されていたから早速トークを送ってみた
「久しぶり。元気にしてた?」
すると既読はつくが返信が来ない
だから「もう大学も卒業したよね?今何してるの?」
追撃したがやっぱり返信は来なかった
翌日になっても既読がつかなかったから
これはブロックされたのかもと思い直接矢田に電話した
矢田「もしもし」
俺 「もしもし、何でLINE無視すんの?」
矢田「……今仕事中なんで切ります」
そう言うが早いか、矢田に電話を切られてしまった
夜になっても矢田から返信はこなかった
電話してもずっと通話中になっている着信拒否されたのかもしれない
薬の副作用か、ニートで体力が有り余っているからか俺には謎の行動力があった
矢田にCメールを送ることにした
「何で無視すんだよ」
するとしばらくしてから、矢田から電話が来た
矢田「あの、正直迷惑なので止めてもらえますか?」
俺 「ごめん、でもどうしてるのか気になって」
矢田「俺さん暇なんですか?次同じことしたらK察呼びますから」
矢田は学生時代は優しくて良い子だったのに
3年後には辛辣になっていた、時の流れは残酷だった
俺 「矢田ちゃん今何してるの?俺はうつ病になってニートしてるんだけど」
矢田「働いてます」
俺 「可奈子は?」
矢田「……」
返事がなくなり、可奈子に何かあったのではと心配になったが
それは全くの見当違いだった
矢田「可奈子、もう結婚しましたよ」
そのとき、なぜか心臓が大きく跳ねた気がした
多分俺は可奈子のことが何だかんだで好きだったんだろう
女々しい奴だと思われても仕方ないと思う
ちゃんと告白しなかったからこんなに引きずるのかもしれない
そもそも元から1年ぐらい引きずる方だったからな
矢田から可奈子が結婚したと聞いた後は矢田に何を話したのかは覚えていない
もしかしたら電話を切ってしまったかもしれない
そのくらい、可奈子が結婚したという事実は
なぜか俺にとても大きな衝撃を与えていた
それで俺は可奈子に電話した
可奈子は矢田と同じように電話に出てくれないと思っていたが意外と早く出てくれた
可奈子「もしもし?」
まぎれもない、可奈子の声だった
矢田にはあんなにペラペラ話せたのに、緊張して声が出なくなった
唾を飲み込む音しか出てこない
可奈子は何も話さない俺を不審に思ったのか「もしもし?」と再び声を掛けてきた
だがそれでも声が出ない
すると遠くの方から声がした「可奈子ちゃん、どうした?」
知らない男の声だった
恐らく、可奈子の旦那だろう
そこで俺は一気に頭が冷えてきた
冷え固まる俺をよそに、二人は後ろで話をしている
可奈子はおそらく受話器を押さえて声が聞かれないようにしているようだが
声が漏れていたので丸聞こえだった
可奈子「電話だけど、誰か分かんない」
男  「間違い電話じゃない?」
可奈子「かな……(ここで声が戻る)もしもし?どなたでしょうか?」
あろうことか、可奈子は俺の連絡先を消していたようだった
俺  「あ、あ…」
可奈子「もしもし?」
男  「いたずら電話じゃない?切っちゃいな」
そこで電話が切れた、なぜか俺は悔しさやら悲しみやらで涙が溢れてきた一晩中泣いた
俺を振り回して勝手に結婚して幸せになってる可奈子がどうしても許せない
俺はどうしたらいいと思う?
>>別に誰もお前の人生壊してねーじゃん
可奈子のせいでバイトを辞めざるを得なくなってうつ病になり
同級生はバリバリ仕事してるのに俺は半日のパート
ここまで人生を壊されたんだが?
>>告白を断ったくせに痩せて見目が良くなっただけで好きになるのって都合よすぎじゃね?
都合いいのは自覚している
性格は良かったんだ、ただデブなのだけはどうしても許せなかった
家の都合で大学に行けなくて、高校卒業してフリーターしてたんだ
そのバイト先で正社員に登用しないか?って話を受けてたのに
可奈子のせいで全部だめになった
>>お膳立てって、なにしたらそんなにキレられて居場所なくなるの
可奈子が俺にもう一度告白しやすいよう
「彼女欲しいから誰か可愛い子紹介して」とか
「一人じゃ寂しいから誰か一緒に出掛けてくれないかな」とかメールを送った
予定では可奈子がこれに食いついて「私はどうですか?」
と言ってくるはずだったのに、なぜかキレられた
色々言われているが、俺は糖質ではない好きでニートしてるわけでもない
可奈子がまだ結婚していなければ、ここまで苛々もしなかったのかもしれない
大体俺に連絡もしないとか薄情にも程があるだろ
告白してきたくせに責任も取らないなんて今の若い子の感覚が理解できない
・俺は可奈子に恋愛感情はもうない
・俺は可奈子に告白されたことで人生が壊された
・可奈子はそんな俺の事情も知らずに他の男と結婚して幸せに暮らしている
・可奈子は俺の連絡先を消していた
・俺は可奈子のことを忘れて人生を立て直したいが
 可奈子が結婚しているという事実がそれを許してくれない
俺が女々しいだとかス㋣ーカーだとか、そんなことはどうでもいいんだ
俺が教えて欲しいのは可奈子のことを清算して前に進む方法だ
誰か教えて欲しい
矢田にもう一回電話してくる
着信拒否されてても通知は残るらしいから10回してやったわ
何で着信拒否するんだろう、腹立つ
矢田や可奈子と接触しなければいいというレスがついてるが
過去を清算する為には勇気を出して
過去に向き合わなければいけないと思うんだ
過去からいつまでも逃げてたら
またふとしたときに可奈子のことを思い出してまた同じように苦しむと思う
でも実際は、そうは言っても勇気がなかったから
可奈子に電話しても何も話せなかったんだろうな
それは俺が悪いと思う
連絡先を消すのは普通って言うけど、そんな簡単に人の連絡先を消すか?
俺はそれは失礼だと思うけどな
現に矢田は俺の連絡先消してなかったみたいだし、
可奈子が俺のこと知らない人扱いしたとき俺はとても傷付いた
>>びっくりするくらい気持ち悪い
散歩してたら何か苛々もおさまってきた
確かに俺は可奈子を許せないが、憎んでるわけではないことを理解してほしい
可奈子のせいで俺の人生は壊されたが
だから可奈子にどうにかしろと言いたいわけではなく
それで可奈子を引きずり続けないで人生をやり直したい
でも可奈子が結婚した事実が頭から離れないんだ
だからと言って可奈子に凸することもできず
俺自身も一体何がしたいのか全く分からない
過去の話をすれば余計可奈子とのことが清算できなくなるんだよな
みんなの言う通りだ俺はここで落ちるよ
もうこのスレを見ることもないから後は落としてください