父親は女たらしで愛人に金を使いまくるような人間だった。彼女「結婚式にはお義父さんも呼ぼうよ!」→案の定父親と彼女が・・・

俺が体験した修羅場。
うちの父親は自営だった。
バブル期だった事もあって、自営の会社は順調に成長。
右肩上がりだったらしい。
と……表向きは華やかだったが裏では、父親は従業員と浮気をしまくりだった。
支店を開いた時も、その時の浮気相手に店を持たせたかったから……
という脳の腐った理由。
その結果、浮気相手の女は客とくっついて逃亡。
店だけは残った。
周りからの説得で、半ば強引に母親がその支店の店長に。
しばらくは業績も良かったらしい。
しかし、バブルが崩壊。
どんぶり勘定だった店の業績は急激に悪化。
どんどん借金がかさむ。
しかし父親の浮気は止まず、むしろ加速していたぐらい。
母親は、父親に浮気を止めるよう説得。
仕事の規模を縮小して家族で協力して借金を返済していこうとも言っていた。
父親は、そんな母親の説得に耳を貸さなかった。
ちなみに父親の両親(俺から見た祖父母)は、
『父親のやる事が全て正しい、母親は黙って尽くせ』と言っていた。
借金だけなら耐えられたが、繰り返される浮気に我慢の限界となった母親は、
父親との離婚を決意。
そして学校の関係で俺だけを残して、母親と妹だけが家を出ていった。
母親と妹がいなくなった家の空気は常に最悪だった。
そんな中迎える、俺の誕生日。
父親は飯に連れて行ってくれたんだが、見知らぬ女性と、その子供がいた。
ピンッときた。その女性が父親の今の浮気相手だった。
(その時点でいうなら、厳密には母親と別れた後なので浮気相手ではないのだが)
自分の誕生日を、散々母親と妹を泣かせてきた愛人とその子供と
一緒に飯を食ったのが第一の修羅場だった。
その後母親のいなくなった家に、愛人と子供がやってきた。
(どうやら俺の誕生日の食事は顔合わせだったらしい)
愛人の子供の待遇は露骨に良かった。
愛人の子供には小遣いがあり、俺には小遣いは無し。
修学旅行の積み立てもしてもらえなかったので、当然の様に修学旅行は出席不可。
愛人の子供は、自営が厳しいにも関わらず
修学旅行の積み立てがしてあり海外に一週間行っていた。
辛うじて学費だけは払って貰っていた。
祖父母もチヤホヤしていた。
祖父も祖母も、何か事ある毎に小遣いをやっていた。
愛人の子供は浪人しても許され、地方の大学の学費も生活費も全て出して貰えた。
俺は、浪人は絶対に許さないというプレッシャーを常にかけられていた。
夕飯も、弁当も、まともに作ってすら貰えなかった。
家に帰る時間も制限されていた。(愛人が俺の顔を見たくなかったという理由で)
俺は、意地でも大学に行こうと決めていた。
母親の地元の大学に行くべく受験勉強を必死でこなした。
家にいると自営の手伝いを強制されたので、図書館や友達の家で勉強していた。
(当然のように愛人の子供には許されていた塾や家庭教師も、俺には無かった)
順調に偏差値を上げ、志望校合格ラインまで成績をあげると、
愛人は、俺が志望校に受かっても学費は出さない、
生活費も何も一切出さないと言いだした。
(愛人の子供より上の偏差値の大学に行くのが気に入らなかったらしい)
父親も賛同していた。
(父親は俺を後継ぎにしたかったようで、外に出す気は最初から無かったようだ)
全てを了承した上で俺は受験をして、一発で志望校に合格した。
学費は奨学金で賄った。
生活については、母親と妹が協力してくれた。
(相談して元々そういう約束だった)
家から解放された俺にとって大学生活は最高に楽しかった。
その後俺は母親の地元で、やりたかった仕事に就けた。
彼女も出来て、順調に交際して、プロポーズもして婚約に至った。
そこで婚約者に、俺の父親が生きている事を知られ、
「結婚式に呼ぼうよ」と言われた。
俺の父親の事を説明しても、いまいちピンっと来ないようで、
婚約者の両親も「呼ぶべきだ」と言いだした。
どうすれば、婚約者とその両親に、父親の事を理解させるかが、第二の修羅場。
ちなみに父親の店は更に経営が悪化して、破産した。
借金が1億にまで膨らんでいたそうだ。
愛人とは、母親と離婚後も籍を入れないままだったらしいので、愛人のままだった。
父親が破産した後、愛人は出ていった。
愛人の子供がどうなったのかは知らん。
祖父母も亡くなった。
父親は現在、1人孤独で、それが寂しいらしい。
父親は、店をやっていたから外面が無駄に良いので、地元ではそこそこ評判が良い。
そこで、俺の高校時代の友人の親を伝って、
今の俺の連絡先を入手したようだ。
そしてメールしてきた。
新しく事業を始めた、その会社を継いで欲しい、とかとか書いてあった。
そのメールを見て(携帯をこっそり見られた)、
婚約者が俺の父親の存在を知ったらしい。
父親の今の状況について興信所で調べてもらった。
(地元の昔の友人に頼むと、こっちが調べているのがバレるのが怖くて頼んだ)
たしかに父親は破産して前の愛人に出て行かれた。
これは間違いではないんだが、母親の時と同じだった。
父親は、他に何人もの女と遊んでいて、
それに我慢出来ずに愛人が出ていったというのが真相だった。
それで新しく始めた事業自体は、そこそこ上手く行っているらしい。
しかし、相変わらずのどんぶり勘定らしく、借金もけっこうあるらしい。
で、問題が、この借金なんだが……。
一度破産した父親に、まともな金融機関が金を貸してくれる訳もなく、
かなりブラックなところから借りているらしい。(闇金?)
で、父親が俺を召喚したい理由は、おそらく俺名義で借金をさせたいから、らしい。
まだ他にもあるっぽいが、あれからたった数日で上記のような事が分かった。
その資料をもって、俺は婚約者の親父さんとサシで話をした。
婚約者の親父さんは、名前は伏せるが金融機関の元本部長だかなんだかだったから、
サシできちんと話せば、父親の社会人としての問題点を理解してくれると思った。
後、もし婚約者の結婚相手として、片親の俺は相応しく無いと考えているなら、
婚約破棄にしてもらおうと考えていた。
婚約者の親父さんは、俺の話を聞いた後、だいぶ渋い顔をしていた。
そして、ようやく俺の父親の問題を理解したようだった。
その上で、婚約者の親父さんは、俺に頭を下げてきた。
娘(婚約者)から、
俺が父親との関係で苦しんでいる、
本当は和解したい筈なのに意地になっていて、それが出来ないでいる、
だから俺の後押しをして欲しい、
と、言われて、俺の父親の擁護していたと教えてくれた。
今度の食事会はサプライズで父親も来る事になっている……と、
婚約者の親父さんが教えてくれた。
どうも婚約者が、俺の父親に直接連絡をしていたようだ。
ついでに、俺の父親から婚約者の親父さんに、個人で借金の申し込みもあったらしい。
そこで、婚約者の親父さんは、元部下経由で
俺の父親の事業の財務状況を調査してもらっている、という事だった。
とりあえず、食事会については延期してもらう事になった。
そして今度、俺と(婚約者の)親父さんで、
婚約者に改めて(俺の)父親について説明する事になった。
果たして、どこまで理解してもらえるか分からないが……。
婚約者の親父さんが味方になってくれたのは、俺にとっては非常に助かった。
そして婚約者が予想以上にはっちゃけているのが、俺の今の修羅場。
(親父さんは、世間知らずの娘ですまないって頭を下げてくれていたが……)
俺は、父親のような問題のある人間が関係者としているのが気に入らないなら、
婚約破棄にしてもらっても構わないと、言った。
籍も抜いているが、そんな人間と関係が出来るのは、
婚約者の家にとってマイナスにしかならないだろう、と。
婚約者の親父さんとしては、
浮いた話のなかった娘にようやく恋人が出来たのが、嬉しい。
俺の家庭の事情は酷いが、そこに溺れる事なく自分で努力して、
結果を出そうとしているのがとても素晴らしいとも言ってくれた。
(そう言われた時、俺は嬉しくて泣きそうになってしまった)
だから、俺が嫌でないなら、娘との婚約破棄は
最後の話し合いが終ってから決めて欲しいと、説得された。
婚約者と、その親父さん(+婚約者の母親)との話し合いをしてきました。
俺の携帯を盗み見たり、俺に断りもなく父親と連絡を取っていたのは、
素直に謝ってくれましたが……。
基本的に婚約者はお花畑全開で、家族は仲良くした方が良いと訴えてきた。
理由は家族なんだから、と。
俺と婚約者の親父さんが社会人としていかに拙いかを訴えても、
親子なんだから、話し合って誤解が解ければ、
きっと分かって貰えると、主張していた。
(正論で斬りつけるみたいで好きではないのですが)
じゃあ、俺が浮気をしても許してくれるのか?
と、訊くと婚約者は黙ってしまった。
興信所で調べた結果も伝えて、今でも親父の性根は変わっていない。
借金もかなりの額があり、かなりヤバい所から借りてもいる。
その上で、婚約者の親父さんへの借金の申し入れもあった。
(婚約者は、俺が浮気すると言うと黙るのだが、
俺の父親の事になると「それは過去の事だから……」とか、
「困っているなら助けてあげても……」とか、言っていた。)
もし俺が父親と和解して、父親の会社を継ぐとなると、
当然のようにその借金も継ぐ事になる。
その借金を一緒に返してくれるのか?
家族経営だから、婚約者が結婚して俺の嫁になったら、
店に出てもらう事にもなる。
加えて借金の返済があるから、しばらく子供持てない。
仮に子供を持てても、子育てにかかりっきりにはなれない。
まずは家庭より、店の事、仕事の事が優先になる。
従業員の給料は保証しなければいけないから、
俺達の生活や給料は後回しになる。
従業員を帰らせた後、
残りの仕事を自分達でしてしまわないといけなくなる。
婚約者にも最低限、調理師の免許と食品衛生責任者の資格はとって貰う事にもなる。
当然の様に残業代も出ない。
朝も昼も関係無く働く事になる。
会社員のように時間が決まっている訳でも無い。
盆も暮れも休みはない。
夏休みなんてまともにとれない。
家族旅行も出来ない。
↑これらを、1つずつ噛んで含めるように説明すると、
「聞いていたのと、全然違う……」と言いだした。
そこで、婚約者はようやく全て話し出した。
最初は、純粋に善意で俺の父親にも
結婚式に出席して欲しいと考えていた……らしい。
そこで、俺の父親にメールで打診。
父親が言葉巧みに、
結婚式に呼んでくれたのは嬉しい、
でも(俺に)嫌われているから出席する訳にはいかない、
かつて事業を始めたばかりの頃、俺達に苦労をかけた、
従業員の教育に力を注いでいたから、誤解されたまま出て行かれた、
今は事業も安定しているし、右肩上がり、
新しく事業を始めるには人手が足りてない、
俺を後継ぎにしたい、そうなれば婚約者も社長夫人になる、
最初の数年は忙しいかもしれないが、落ち着けば左うちわで暮らせる、
新婚夫婦の為に、新築の家を用意したい、
等々と言っていたそうだ。
婚約者はそれを真に受けたのと同時に、
友達への見栄や、優雅な生活に憧れて、
俺に和解を訴えていた、という事だった。
俺の父親からすれば、
(こういう言い方は申し訳ないが)
世間知らずの小娘を騙すぐらい簡単だったと思う。
事実、騙されていたし。
俺としてはその脳天気なところ(世間知らずも引っ括めて)が、
俺に無いモノだったから、
そこに惚れてプロポーズしたんだけどな。
そして世の中には、善意だけでは通じない相手もいる事を、
ようやく理解してくれた……と思う。
とりあえず、結婚式に俺の父親は呼ばない事で決まった。
日取りや式場も、婚約者が俺の父親に言ってしまっていたので、
変える事になる(キャンセル料が発生する)が、それは社会勉強代として、
婚約者の両親の意向もあり、婚約者自身の了承もあり、婚約者が払う事になった。
(そのまま結婚式をしていたら、俺の父親が押しかけてくる可能性がある為)
婚約者の両親は、終始、世間知らずな娘で申し訳ないって頭を下げてくれていた。
婚約者も勝手な事をしてごめんなさいって、謝ってくれた。
俺も父親の事で、かなり感情的になっていたから、そこは素直に頭を下げた。
これで、一応、婚約者方面の修羅場は一段落した。
興信所で調べて貰って、分かった事だったんだが……。
破産した筈の父親が、どうして新しく会社を始められたのか?
その資金は誰が出したのか?
その疑問が解けたんだが……。
全額ではないようだが、かなりの額を妹が貸していた、という事だった。
(当然のように、1円も返してもらっていない)
妹は、高校を卒業すると同時に公務員になっていた。
衣食住を丸々面倒見てくれるところだから、給料は全て自分で自由に使えていて、
母親への仕送りも、普通にしていたから、給料の他の使い道については、
俺も母親も詮索していなかった。
ところが、残りのほとんどを
父親に出していたという事が発覚したのが新たな修羅場。
その件で、母親と俺と妹で家族会議をしたところ、
妹は、私が断ると俺や母親に迷惑をかける事になる
(俺や母親に借金の打診をしてくる事を恐れたようだ)、
という事で断り切れなかったらしい。
幸いな事に、妹自身が何処かで借金をしているという訳では無いようだが。
とりあえず妹には、父親に金を渡す必要はない事、
何かあれば俺に言う事、俺は迷惑ではない事を告げ、
携帯を全て新しくさせて、父親と連絡がとれないようにした。
そして(これがある意味、一番心苦しかったが)
地元の友人に連絡先を教えないように言った。
俺の時もそうだったが、父親は地元では本当に外面が良くて、評判が良い。
地元では、母親や俺、妹は、父親を裏切った裏切り者となっているぐらいに……。
なので、地元の人間に連絡先を知らせる=父親にバレる事だ、と。
妹も、父親の酷さは理解しているので、泣く泣く地元の友達との縁を切ってくれた。
金に関しては、現状でも火の車の父親から
返してもらえるとは思えないので、諦める事となった。
弁護士に相談して取り返すという案も出たが、
俺と婚約者の一件を聞いて、関わりになりたくないという事で、最終的に一致した。
一応、念のために母親と、婚約者一家の携帯も全て一新した。
妹は引っ越し出来ないが、母親は引っ越す事になった。
母親の引っ越しは、母親も最初はかなり渋っていたが、
父親から逃げる為にはやむを得ないという事で納得してくれた。
俺自身は、もう少ししたら婚約者と新しく部屋を借りる事になっているので、
それまでは、俺が窓口として父親の暴発を防ぐ形になる。
(当然、新しい部屋に引っ越したら携帯を一新する予定)
その後、改めて結婚式をするか……
という頃になって、婚約者がふさぎ込むようになった。
俺も仕事が忙しくてあまり構ってなかったし、
婚約者もマリッジブルーで不安になっているのかな? と、呑気に思っていた。
そんな時、偶々婚約者のクレカの明細を見てしまった。
そこには妙に高いJRのチケットがあった。
俺と旅行に行った訳では無い。友達との旅行の話も聞いていない。
出張(で電車代を立て替えた)とかそういう話も聞いていない。
そして、その金額には何となく見覚えがあった。
嫌な予感がした俺は、こっそり地元に探りを入れてみた。
そしたら最悪の予感が的中した。
婚約者、俺の父親と会っていた。
しかも、父親と産科にまで行っていた。
(この辺の情報は全て地元の親友から聞いた)
(地元では父親の新しい嫁はずいぶん若いと評判になっていたようだ)
そこから再び大揉めに揉めて、婚約は破棄。
婚約者は泣きながら、別れたくないと言っていたが、
俺の実の父親と関係をもった挙げ句、
(父親との子供を)堕胎した婚約者との結婚は流石に無理ときっぱり断った。
そしてブチ切れた俺は、父親にも慰謝料を請求。
俺相手に慰謝料を払う気の無い父親はバックレようとした。
だから弁護士を雇って調停まで引っ張り出した。
その結果、息子の婚約者にまで手を出した外道という事が地元で知れ渡り、
父親の人望は一気に失墜。
客商売をしていたが、その件で地元の客も一気に足が遠退いて、
借金が加速度的に膨らんで自己破産をした。
家も店も全て売り払って、それでも返せない借金からバックレる為に失踪した。
その所為で一時期、俺や妹のところまで借金取りが来たが、
弁護士に依頼して全て追い返して貰った。
婚約者は、その後俺との復縁を望んでストーカーになって、
俺の周りにいる女性(主には会社の同僚)に
『私は俺君の婚約者だ、俺君に近づくな』って手紙を出しまくった上、
会社にまで乗りこんできて(カバンには包丁が仕込んであった)
大きな騒動になったから、結局、俺が会社を辞める事になった。
自己破産のところ、少し訂正。
家と店を全て売り払って、それでも借金が返せず自己破産。
ブラックなところからも借りていたから、
自己破産後も借金取りに追われて、失踪した。
その後、再就職をしようにも、
疲れきっていた俺は何もする気が起きず引きこもっていた。
そんな時、妹の同僚(女)を紹介された。
俺は、全ての事情を話して、俺には近づかない方が良いと伝えた。
案の定、婚約者が妹の同僚(女)に押しかけて、近づくなと言ってきた(らしい)。
しかし、妹も、その同僚(女)も日夜身体を鍛えている。
暴れる婚約者を、あっさり取り抑えて警察に引き渡してしまった。
それでも心療内科に通っている婚約者は不起訴処分になったらしいが……。
(一応、接見禁止にはなったようだ)
結局、婚約者は義両親に連れられて、(義両親の)田舎に強制送還。
ついでに義両親も、家と土地を売って、俺の母親経由で慰謝料を払って、
一緒に田舎に行ったらしい。
これで、おそらく婚約者とは二度と会わずに済むだろう。
(妹の同僚(女)は、妹が俺の状況を知ってどうにか助けたい……
と相談して協力してくれたのだとか)
それで俺は、ようやく色んな目処が立って、再就職する事が出来た。
そんな妹が、明日(っていうか、今日か)彼氏を連れてきて、
俺と母親に紹介してくれるらしい。
正直、どんな顔で会えばいいのか分からんが、
多分修羅場はもう起きないだろうと思いたい。
今日、妹が彼氏を連れてくるから……という事で、
俺は母親の部屋に行っていた。
それで昼頃、妹が彼氏を連れてきた。
会社の上司なんだと言う。
近いうちに結婚したいとも言っていた。
今まで色々と苦労をしてきたし、これからは幸せになって欲しいと思っている。
半分ぐらい父親代わりをしてきた兄としては、素直に祝福したい。
でもなぁ……何で50代の×2のおっさんなんだよ。
しかも2人も子供がいて、どちらも成人して家を出ているとか。
妹が彼氏を連れてくると言って、頭が半分以上白髪の、
親に年齢の近いおっさんを連れてきたのは、精神的な修羅場だったわ。
一応、×2の理由は聞きました。
1人目(長男の母親)は生活のすれ違いからの離婚、
2人目(次男の母親)は相手の浮気という事らしいです。
(この辺は一応、ボカしてあります)
当時、かなりの激務で海外にも長期間出張していたらしいので、
しょうがないと言えば、しょうがないのかもしれませんが……。
(息子2人は、彼氏の両親(息子2人から見たら祖父母)に、
ほとんど育てられたようです)
(世間的な立場がしっかりしているという事で、
どちらの母親も親権を譲ったそうです。真偽は分かりませんが)
母親は、自分に近い年齢の男性に、やはり困惑していました。
反対をしていた訳では無いですが。
昼食を食べて、妹と彼氏を見送ったら、携帯に妹の同僚からメールが来ていました。
妹の同僚にとっても上司らしく、
妹の彼氏のフォローみたいな事が長文で書いてありました。
その妹の同僚も休みをとっているそうで、
妹の彼氏について色々と教えてくれるという事で、これから会ってきます。