ウトメ「間取りはこんな感じでどう?」私「いいですね~」ウトメ「じゃあ頭金はよろしくね」→私「なんで同居することになってんの?」

今度ウトメ宅がリフォームするらしいんだけど、内容が中々の豪華版。
しかも完全同居の義兄夫婦も色々揉めてたんで半二世帯に。
完全同居よりはまあマシになるんじゃないかと…
だけど何だか私に意見を求めてきたり、
図面とか間取りとか色々聞いてくる。
あまりにも恐ろしくてその場では聞けなかったので、
ウトメ帰ってから夫に聞いたら義兄夫婦逃亡してますた。
初耳で、「何で黙ってたの!」と言ったら
「言ったと思ってた」、って言ってない!!
義実家で私達夫婦と同居する事になると勝手に決められてたorz
家は今マイホーム資金貯蓄中で、
それを半二世帯につぎ込む予定とか言ってるし…
なんで人が汗水たらして作ったお金を
ウトメのドリー夢ing老後ハウスに!!
「父さん達と一緒に建てれば、それだけ資金的にいい家になるでしょ?
それに早くマイホームが欲しいって言ったのおまえじゃんか」
「マ!イ!!ホームだよ!こんなのマイホームじゃないよ!」
「さっき間取りとか見ていいですねーって言ってたじゃん!」
「他人の家だからだよ!それ以外言えないでしょ!」
「他人て言うなよ!俺の親なんだぞ!そんなに嫌いか、俺の親が!」
「他人だよ!血の繋がりなんてこれっぽっちも無いんだよ!」
しばしケンカした後、ちょっと疲れて冷静に
「一体いつそんな話になったの?」って聞いてみた。
そしたら「電話が来てどうか、って聞かれたからいいよって言った。
その方が俺達のためだと思ったから。
言うのが遅くなって悪かったけど、
まさかこんなに俺の親を嫌ってるなんて知らなかったから」
別にすっごい嫌ってるわけじゃないんだよ…。
お前の言い分に脱力だよ…orz
妻を連れて逃げた義兄さん…GJだよ…私も連れてってくれ…
>言うのが遅くなって悪かったけど・・・って、認めてるじゃんw
>なんで妻に相談しないのか?
>逃げて〜〜〜!!!全力で逃げて!!!!
>嫁に黙って同居夫がここにもいたか。
>嫁が怒ってる原因は親だと思ってるんだろうねー。
>ウトメじゃなくて勝手に決めたお前だろ。
もうね、絶対ムリですから離婚する…
だって住む所、二人で貯めたお金の使い道なんていう大事な事を
相談もしないで勝手に決めるなんてありえない。
しかも何を言っても
「そんなに俺の親が嫌いなんだな!」
って勝手に結論出すから話にならない。
違うんだ、怒ってるのはあんたの態度だ、と言ってるのに
「こじ付けだ、俺の親(ry」。
でも本当にどうしてここまで話が進んでるのに、
まともに話をしてこなかったのかが不思議。
絶対分かってて言わなかったはず。
言いにくい事だったかもしれないけど、いずれはばれるじゃないのさ…
何で、どうして、相談もしないで勝手に決めたのか…???
絶対「へいそうですか」ってすんなり行く問題じゃないだろうに。
揉める原因の一つは自分だって分かってんのか??
分かってるから逆切れするんだろうけど。
本当にありえない…何だか知らない人見てるみたいだよ…(;д;)
再教育とかそんなのする気力もないです。
でも>966氏の言うとおりだね、脱力するのは後ででいいや。
これはもう絶対にムリ、やっていけない。
これほど信頼をぶち壊されると思ってなかったし、
こっちをちゃんとした人間としてみてないって事が分かった。
ちゃんとしたパートナー、妻、家族って思ってたら
相談なんて当たり前の選択肢だよね。
>とりあえず良い弁護士見つけて相談だね。
>生活に関わる大事な話を承諾のないまま一方的に決められ
>事後承諾を迫るので、もう夫婦として破綻していますって。
ウトメとの半二世帯を勝手に立てられそうになってたんですが、
私達二人で貯めたマイホーム資金を使うと勝手に言われてたものです。
とりあえずその後も話し合って、全くの平行線になってしまったので
マイホーム資金はとりあえず引き出そうとしたら、先手打たれてた…
見事にすっからかんの貯金通帳。
毎月同額ずつ貯金していったのでその半分は私のお金!
なのに勝手に…と頭に来て夫名義の通帳空っぽにしたよ。
足りない分は後で請求する事にした。
そしてそのまま実家へゴー。
帰ってきた夫が電話をよこして、すぐに実家に駆けつけてきたが
話の内容がおかしくなってた。
何度も、たっぷりと、散々、朝まで、
ガッチリと、話したのにもかかわらず
「家を出るほどイヤならどうして最初に言わなかったの?」
「そこまでイヤだって言ってくれてたら、俺だって無理強いしなかった」
( д) ゜゜
呆れたけど、そこは我慢だと思って丁寧にもう一度
「こういう事だって話してたよね?それからこうだって言ったよね?
そしてこうだって言う話になったんだよね?
もうこの時点で怒鳴りあってたよね?
いつ私がイヤだって事を言わなかったと思ってんの?」
夫無言。
「何よりも一番怒ってるのは、
相談もなしに大事な事を勝手に決めた事。
だけど何度それを説明しても
「俺の親が嫌いなだけだ」で済ませた夫の事。
子供を我慢して、とにかく家族としての生活を、
と考えて貯めたお金を勝手に使おうとした事。
たったこれだけの事を理解してもらうのに、何でこんなに苦労するの?」
やっと「相談しなくてごめん、本当に悪かった」という言葉が出てきた。
「でもここまで話の分からん他人とは暮らせないよね?
他人だからこそ話し合って、分かり合って、
やっと家族になっていくのにね。
「夫の親」と「妻の親」じゃ優先度が違うって言ってたけど、
それが世間に通用すると思ってるなら昭和に帰れ。
夫に仕え、姑にへりくだり、実家には「帰らせていただく」、
働くだけ働いて自分の意見ももてない嫁が普通だと思ってたんでしょ?
女を物としてしか見てなかったって事だよ?」
夫泣き出した。
そして、二人の貯金の行方は…ハイ、ウトメの懐ですYO!
「えーっと、それは構わないんだけど、とにかく請求はするから。
調停になったら弁護士はいるかもしれないし、
今はお金あんまり使わない方がいいんじゃない?」
夫ビックリクルッポー。
こんな話したのに私がまた戻ると思ってたみたいよ?
あ〜!!と思いつつ「いや、こいつはバカなんだから」と
また噛み砕いて丁寧に説明してあげた。
「私が同じ事をして、勝手にあの貯金を
実家の建て替えに使うって決めたらどう?
ヒステリックに私の親が嫌いなんでしょ!ってしか言われないのってどう?
そんな女がいくら反省したからって一生一緒に居れる?
反省したって、そういう考えがその女の底にはあるんだよ?
夫なんかどうでもいいって。」
夫大泣きして「本当に絶対に改めるから!俺離婚したくないから!」
「あ〜…じゃあ裁判かな…サクっと決めてくれたら早いんだけど…」
ピタっと泣き止んでポカ〜ンとしてこっち見てた。
何かその顔にウンザリした。
とにかくウトメにも相談する…と言って帰って行ったけどさ、
家出てから一回もウトメからの連絡が無い…
夫、もしかしてパパンママンには言ってないのかもなあ〜…
ダメだ、ホントこいつダメダメだよ。
その内ロミオメールとか、花束とか、
思い出の地への旅行券とか、指輪とか来るかな。
もう今の時点で何だか長引きそうで…
今更同居解消なんてされても、絶対に戻れない。
本当にどうしてこの人が好きになったんだろう、
というか自分の見る目の無さが…orz
>結局は気を引くための嘘泣きなんだよね・・・
>強引に事を進めたら、ついてくると思ってんだろうね。
>嫁の稼ぎをアテにしてネコババするウトメ最低〜。
>窃盗とか詐欺罪みたいなものだよね。
ありがとうです、本当に。
今涙止まらなくて、メチャクチャw
こんな時に友達に電話するのも悪いし、
何とか泣かないで居られるようになったら
パーっと飲みにでも行きますw
ホント親にも申し訳ないですね
>強引にお金を引き出したってことは、今にも頭金として使うつもりなんだね。
>ウトメの貯蓄で自己満足屋敷を建てるのなら兎も角、嫁の積立分もあるのに
>本人の合意なく引き出すのは横領ですよね。親子揃って浅ましい…。
>頭金として使うつもりって、もうすでに頭金として支払われてるんじゃね?
>もし使われちゃっていたら、横領したお金なんだから裁判所から
>その分のお金を差し押さえてもらったりするしかないね。
いや、多分まだ使われてない。
ついこの前間取りを適当に書いた物を見せられたばっかりだから。
それに二階部分の子世帯はほぼ白紙で
「ここに窓あったらキッチン明るいね」とか言いながらだったし。
きっとボクチンのパパンとママンが使うお金を嫁が勝手に持ち出しそうだ、
許さないぞーパパンママン僕のお金持っててね!
これでおうち建てようね!って感じかー?
もし使われてたって私には関係ないし。
ちゃんとそこはきっちりとするから平気です。
時間を戻す事さえ出来ればなぁ…
独りよがりかもだけど、ここまで酷いエネ夫ってあんまり居ないような。
なぜ何万人もの男の中から
ウルトラエリートエネと付き合って結婚したんだ
>エネ夫にとっては敵が嫁で味方が親なんだね。
>親から旨を守るんじゃなく、妻から親を守るというスタンスだもんね。
いい報告だけ出来たらいいんですが、ちょっとだけ。
今ちょっと休みをもらっていて、
自宅で思い切り寝坊して軽い二日酔いだったんですが
ウトメから連絡がありました。
自宅だと人の目もないし、かと言って敵地に乗り込むのもイヤだったので
向こうが用意した中華料理(ラーメン屋に毛が生えたようなトコ)の個室へ。
まず聞いたのが、ウトメは私が同居を承知してると思っていたそうです。
夫がOK出したし、資金も夫から「出すよ」と言って来たとか。
そしてその貯金は夫一人が貯めたものだと思ってて、
「勝手に決めたのは悪いかもしれないけど、
あれは元々は息子が貯めたお金でしょ?」って。
だから妻として怒るのはアリだけど、
使い道については口出す法的権利はないと。
それに親が金を出すと言っても、
ちゃんと自分から「自分の家の金は自分で出す」と言う大変に立派で、
大人としてやる事をちゃんとやる息子を誇りに思った。
社会人として至極まともな事、
最近の若い子はそんな事出来ない人ばっかりで…
そして「今までの2年、ずっと息子に養ってきてもらってて、
そこで突然その養い主の親との同居となったら逃げるのか」とウトに言われた。
トメはそんな事は絶対にしなかったし、それが妻としての本当の姿だって。
夫に去られては今後の生活も大変だろう。
なるほど、こうやって昭和のエネ夫が生まれるんですね。
まずはきちんと状況を理解してもらうべく、親子二代にわたっての説明。
私はパートではなく、給料も夫よりも少し上で
夫の給料だけでは生活出来ない。
転職で一時無職だった夫を養った事はあるが、養われたことはない。
ましてや夫一人で貯金なんて出来るわけがない。
その貯金は毎月二人が同額ずつ積み立てたもの。
法律を持ち出すなら、夫がした事自体が法に反している。
そしたらウトメもクルッポーだった。
ちょっと上からきつめに「生活どうすんだ」等の現実を突きつけたら
戻ると思ったみたい。
ちょっとトイレに行って、戻ってきたらなにやら話してる。
なのでこっそりと立ち聞きw
「ありゃ自分の親も大事にしてないぞ。
ちょっとでもそういう気持ちがあったら夫の親にこんな事言うわけがない」
「幸せそうな家族に見えたのにね。分からない物よね」
まあいいや、部屋に置いていったレコーダーさんに聞きますよ。
そ知らぬ顔で部屋に戻ると、今度は懐柔策に出た。
私が仕事をやめる事を前提に、図面を取り出して色々説明。
「もうね、2階は嫁子さんに好きに設計してもらおうと思ったの。
ここに住めば嫁子さんだってわざわざお仕事する必要ないしね?
大変でしょう、女だてらにお仕事なんて…これからはゆっくり出来るじゃない?」
そして大変ねー辛いわねーわかるわーでももうこれからは平気っ☆
って感じで取り入ってくるトメ。
「すみません。」
「いいのよ、そんな。だって女の城ですもの!」
「いえ、ここには住みません。(←わざとw
私はもう夫さんと生活していく気はないんです。
あなた方もこんな女が息子の嫁になるよりも、
もっと大人しくて、仕事しないで、ウトメの言う事をよく聞いて、
夫に従順な嫁の方がいいでしょう?」
そう言ってさっさと部屋を出た。
後ろから「待て!話は終わってない!ここに座れ!」と聞こえたけどシラネ。
家に帰ってレコーダーを再生したら
ウト「女が金持つとろくな事がない!仕事は辞めさせろ!」
トメ「ホント、何様のつもりかしら!」
トメ「二人も息子を産んで、その二人が二人とも
   ろくでもない女を捕まえてしまったわね…」
ウト「それは息子らのせいじゃないだろう?」
トメ「そうじゃないからこそ悲しいのよ…」
ウト「今更言ってもしょうがない。
   目の前の問題から一つずつ解決していかなきゃ」
トメ「だって親と一緒に住むなんて当たり前の事すらさせてもらえないのよ?
   親孝行すら拒否されて…親思いの子達だから余計不憫で…」
等々、かなり痛い事が入ってた。
自分の息子ちゃんのオイタに関しては一言も無かったねw
今まであんまり接触がなかったんだけど、ここまでのステキな親だったなんて。
義兄嫁さん、本当にお疲れ様です。
さあ、今日は携帯の電源を切って、また飲みます。
今もかなり酔ってるけど涙は出なくなりました、ありがとうウトメ様。
大丈夫、録音はちゃんと承諾を得ましたよ。
録音すると言ったら最初怒られたけど、
今後の為なので、録音なしなら話はしないって言った。
トイレに立つ前、そのままテーブルにレコーダー置いていったのに
向こうがかなりエキサイトしてたから忘れたんでしょ。
物議をかもしてすいませんでした。
録音する前にちゃんと日付と時間と場所、
「夫の両親と話し合い、これから録音します」と入れたしね。
そこが問題になると思わなかったので書かないでいた。
ごめーんちょ
>録音してるのに、あそこまで口走るって
>どこまで豆が詰まってるんだ・・・ >義一族の頭は。
離婚しましたよ、やっと。
夫はずっと謝りっぱなしだし、多少心は動きましたが
なんと言ってもすでに冷めてる所に、
何もわかってないウトメが突っ込んでくる。
ウトメの「悪いのは嫁で俺たちには何の非も無い」
というスタンスは最後までそのまま。
それどころか「物分りの悪い嫁の性根をたたき直すのは俺たちの義務!」
って感じだったかな。
「親子と言う関係は今も昔も、世界中どこへ行っても変わらない」
から始まって、
「つまりどれほど世の中が変わろうとも嫁は夫と舅姑に仕えるべきなのだ」
で終わる。ハイハイワロスワロスと。
「ではそういう封建的な家庭制度に満足できる女性を**家の嫁として迎え、
改めて跡取りである息子さんと祝言をあげては?」
と進言したら
「そうしたい所だが、息子がお前を傷物にしてしまった以上、
責任を取ると言い張っている為できない。
思慮深いとしか言えない、我ながら良い息子だ。
ここまで言ってくれてるというのにお前は一体何を考えてるんだ!」
このウトは「レ*プはすべて女の責任、男は女に誘惑された被害者」
という考えの人で…
夫がどれほど反省し、両親をけん制しても突撃かまして
「**家の嫁の心得」だの寝言抜かすから話にならず、
「親とは縁を切る」と言う夫に
「じゃあ今すぐ北海道あたりに新居を見つけて、転職して、引越し先を教えない事」
と言うと「今すぐはちょっと…」と言葉を濁す。
「私が欲しいのは人生を一緒に過ごして、新しい家庭を作っていく夫で、
両親の言うままになる事が常識だと思ってる親の息子じゃない。
今まで跡取り息子として優遇されてきた義兄がなぜ妻を連れて逃げたと思う?
あんたには絶対自分が新しい家庭を作っていく気構えも、
その家族を守るなんてできないよね。
正直あなたの親を私の子供の祖父母とする事だけはできない。
子供を守るのにあなたの親の前にあなたっていう敵が居るから。
今回の事であなたにとって私の位置がよく分かった。
どれ位親を恥ずかしい、嫌いだ、ダメだと言っても、
所詮あなたはあの人たちに育てられた子なんだよね。
無意識レベルで嫁に対する考えは両親と同じなんだよ。
大の大人の更正なんてそう簡単じゃないし、
なんで私がそれに付き合わなきゃいけないの?
私の事まだ愛してるって言うけど、本当にそうなら私を解放して、
あの人たちと、あなたとまた他人にしてください」
夫はもう無理だとやっと分かってくれたみたい。
財産分与もして、勝手に持って行った通帳も無事戻ってきて半分こ。
後は元夫両親だけ。これが離婚においての一番の山場。
離婚したという話を聞いたらしい元偽両親、
当然激怒して実家に乗り込んできたが、家に入れなかったため大暴れ。
植木を蹴倒し、なぜか南天の木を引っこ抜こうと必死w
で、警察に通報してお持ち帰り。
弁護士から「前科つける?それとももうかかわらないでおく?」
と優しく聞いてもらって結局二度と私には関わらない方向で。
その後私宛に「いかに私が酷い最低なクソ並みのイン乱女か、
息子がお前の手練手管にはまって、いかに人生をダメにしたか、
いつかお前には神の裁きが下る、天網恢恢疎にしてもらさず、
覚悟してそれを待つがいい、もちろん息子には新しい嫁を見つけてくる。
お前みたいなクソには足元も及ばない女性を見つけ、
お前の呪いwwから息子を解放する。
もうお前には愛想が尽きた。どれほど謝っても許す事はできない。
罪を償う事もさせない。」と言う絶縁状が届いた。
また弁護士さんに連絡、
「関わったって事は前科ですね~」と言ってもらってマジでやっちゃったw
謝罪の嵐で取り下げたものの、さすがに元夫もダメだと思ったらしい。
「転職して北海道」を実践します、とメールが。
「そーですか」と返信、ついて来て欲しかったみたいね。
なんと言うか…元夫両親があそこまで壊れると思ってなかったんで正直ひいた。
なりふり構わず、ってよりもまさに気が狂った、という感じ。
外面はよく見栄坊で、必要以上に世間体を気にする人たちだったんだけどね。
義兄が音信不通になった事も関係あるのかな。
大事な大事な跡取りとして育てたムチュコの反乱に、後釜に据えた次男まで…
ってのは年寄りには焦るだけの要素はあるかもしれないが。
元夫は私と同じ仕事なので、狭い業界また会う事もあるかもしれない。
同じ大学同じ学部同じ学科という縁で付き合いだしたもんで、
また何か変な縁があったりして…
縁切り寺とかって言うのはこういう縁も切ってくれるかなぁ…w